「和銅大橋」の版間の差分

追記
(追記)
(追記)
== 概要 ==
本橋は[[河口]]から116.9キロメートルの位置に架かる<ref name="amoanote8">{{Cite web |date= |url=http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/info/question/image/arakawa-sumida.pdf |title=企画展「荒川の橋」荒川・隅田川の橋(amoaノート第8号) |format=PDF |publisher=荒川下流河川事務所(荒川知水資料館) |page= |accessdate=2014-12-27 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20051108163526/http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/info/question/image/arakawa-sumida.pdf |archivedate=2005-11-08 |deadlinkdate=2014-12-27 }}</ref>橋長143.1メートル、総幅員10.0メートル、有効幅員9.0メートル<ref name="Chichibusyuuzen-4"/>(車道6.0メートル、歩道2.5メートル<ref name="Chichibuzokuhen3-369">『秩父市誌 続編三』369頁。</ref>、間に幅0.5メートルの縁石有り)、最大支間長48.0メートルの3径間の連続鋼鈑[[桁橋]]<ref name="Chichibuzokuhen3-369"/>である。径間割りは左岸側から47.0メートル、48.0メートル、47.0メートルである<ref name="KyoryoDB">[http://www.jasbc.or.jp/kyoryodb/detail.cgi?id=5775 橋梁年鑑 和銅大橋 詳細データ] - 一般社団法人 日本橋梁建設協会、2015年1月13日閲覧。</ref>。歩道は下流側のみに設置されている。橋の両側は河岸段丘になっていて右岸側と左岸側の段丘面を直接結んでいる。 橋の管理者は秩父市である<ref name="Chichibusyuuzen-4"/>。橋の東詰を東に進むと[[国道140号]]の「和銅大橋前」交差点に至る。
橋を通る[[路線バス]]や[[コミュニティバス]]などの公共交通機関は設定されていない。左岸側は[[西武観光バス]]の[[西武観光バス#秩父吉田線|秩父吉田線]]の「招木」停留所が最寄り<ref>{{PDFLink|[http://www.seibubus.co.jp/chichibu/chichibu.pdf 西武観光バス路線案内図(秩父営業所管内)]}} - 西武バス、2014年12月11日閲覧</ref><ref>[http://www.city.chichibu.lg.jp/menu2056.html 秩父市内路線バスのご案内] - 秩父市、2014年12月11日閲覧。</ref>。橋は埼玉県のぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想に基づき策定された「自転車みどころスポットを巡るルート」の「秩父札所34カ所を回るルート」の経路に指定されている<ref>{{Cite web |date=2015-01-15 |url=http://www.pref.saitama.lg.jp/a1006/route100map-chichibu.html |title=自転車みどころスポットを巡るルート100Map(秩父地域) |publisher=埼玉県 |page= |accessdate=2016-08-06 |archiveurl= |archivedate= }}</ref>。
 
== 歴史 ==