「金石水管橋」の版間の差分

追記
(追記)
|lon_deg=139|lon_min=6|lon_sec=46.4|lon_dir=E
}}
'''金石水管橋'''(かないしすいかんきょう)は[[埼玉県]][[秩父郡]][[長瀞町]]井戸と同本野上の間で[[荒川 (関東)|荒川]]に架かる長瀞町道幹線26号<ref name="Chougikai21-8-69">{{PDFLink|[http://www.town.nagatoro.saitama.jp/wp-content/uploads/2013/03/21-8.pdf 平成21年第8回長瀞町議会定例会会議録]}}p. 69、長瀞町、2009年(平成21年)12月10日、2015年3月29日閲覧。</ref>の橋([[水道橋|水道]]道路併用橋)である。
 
== 概要 ==
金石水管橋は児童が書いた作文を基に1978年(昭和53年)起工、1981年(昭和56年)竣工した橋で、荒川河口から107.8キロメートルの地点に架けられている<ref name="amoanote8">{{Cite web |date= |url=http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/info/question/image/arakawa-sumida.pdf |title=企画展「荒川の橋」荒川・隅田川の橋(amoaノート第8号) |format=PDF |publisher=荒川下流河川事務所(荒川知水資料館) |page= |accessdate=2015-02-05 |archiveurl=http://web.archive.org/web/20051108163526/http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/info/question/image/arakawa-sumida.pdf |archivedate=2005-11-08}}</ref>。橋長157.50メートル<ref name="nagatorominzoku1-305">『長瀞町史 民俗編 I』305頁。</ref>、総幅員3.20メートル、有効幅員2.0メートル(管理用歩道)<ref name="nagatorominzoku1-305"/>、最大支間長52.5メートル<ref name="Kyoryonenkan">『橋梁年鑑 昭和57年度版【昭和55年度完工】』p. 178-179</ref><ref name="KyoryoDB">[http://www.jasbc.or.jp/kyoryodb/detail.cgi?id=5468 橋梁年鑑 金石水管橋 詳細データ] - 日本橋梁建設協会 橋梁年鑑データベース</ref>の3径間鋼連続箱[[桁橋]]である。支間割りは52.1メートル、52.5メートル、52.1メートルで、中央径間がやや長くなっている<ref name="Kyoryonenkan"/><ref name="KyoryoDB"/>。橋の高さ(桁下高)は荒川の水面から18.0メートルである<ref name="nagatorominzoku1-305"/>。皆野・長瀞水道企業団が橋を管理している<ref name="Kyoryonenkan"/><ref name="KyoryoDB"/>。
長瀞町の荒川を隔てた東部と西部を結ぶ橋の一つで、地域住民の[[生活道路]]の他、長瀞観光にも利用される橋でもあり、人が渡れる橋としては最も上流側(南側)に位置している。下流側に[[埼玉県道287号長瀞児玉線]]の高砂橋がある。
また金石水管橋という名が示す通り、付帯設備として井戸側より本野上側へ水道水を送る内径350ミリメートルの水道本管を下流側に併設し、荒川を横断する[[水道橋]]の役割も持ちあわせている<ref name="nagatorominzoku1-305"/><ref name="Kyoryonenkan"/>。両岸とも[[河岸段丘]]になっていて荒川の低水路と段丘崖上の段丘面の高低差が大きいため、勾配を延々と上る様なアプローチ区間を設けることなく右岸側と左岸側を直接結んでいる。橋面は緩いアーチ状の縦断曲線を持つため両岸側より中央部がやや高くなっている。歩行者および自転車専用の橋([[人道橋]])で橋の両詰に車止めが設置されている。また、当橋に関する石碑や詳細なデータを記した説明板が設置されている。橋は埼玉県のぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想に基づき策定された「自転車みどころスポットを巡るルート」の「秩父七福神を回るルート」の経路に指定されている<ref>{{Cite web |date=2015-01-15 |url=http://www.pref.saitama.lg.jp/a1006/route100map-chichibu.html |title=自転車みどころスポットを巡るルート100Map(秩父地域) |publisher=埼玉県 |page= |accessdate=2016-08-06 |archiveurl= |archivedate= }}</ref>
 
== 歴史 ==
== 周辺 ==
[[ファイル:Nagatoro Arakawa Kanaisisuikankyou 1.jpg|thumb|金石水管橋より下流方向を望む。]]
橋の周囲は[[1924年]](大正13年)に国の名勝及び天然記念物に指定された長瀞渓谷で、[[埼玉県立長瀞玉淀自然公園]]の第一種特別地域の区域<ref name="nagatoroshizen-59">『長瀞町史 長瀞の自然』59頁。</ref>に位置している。<ref>{{Cite web |date=2014-10-01 |url=https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/shizenkouen/midorishizenka.html |title=埼玉県の自然公園 |publisher=埼玉県ホームページ |page= |accessdate=2015-03-23 |}}</ref>河岸は[[三波川変成帯]]で岩肌が目立ち、[[堆積段丘]]地形も見られる。橋付近の地質は[[緑色片岩]]のほか赤鉄片岩や黒色片岩も見られる<ref name="nagatoroshizen63">『長瀞町史 長瀞の自然』63-65頁。</ref>。 その岩の地層には鉱脈があり[[黄鉄鉱]]や[[黄銅鉱]]や[[自然銅]]を含んだ10センチ程の層が存在し、[[鉱石]]採掘跡の穴が見られる<ref name="nagatoroshizen63"/>。「金石」の名の由来はこの和銅産出の様子からと言われている<ref name="nagatoroshiryou455"/><ref>[http://hodosan-jinja.or.jp/fumidukue/no07/index.htm 御神宝奉納のこと] - 宝登山神社、2008年1月28日、2015年3月25日閲覧。</ref>。付近で[[放散虫]]の化石が発見されていることから[[ジュラ紀]]の地層と考えられている<ref name="nagatoroshizen63"/>。橋の西詰の通りは北桜通りと呼ばれ、沿線に約600本の桜が植樹され、桜のトンネルを作り出している<ref>[http://www.nagatoro.gr.jp/spot/sakura/ 長瀞の桜] - 長瀞町観光協会、2015年3月25日閲覧。</ref>。また、橋周辺は長瀞における[[紅葉]]の名所の一つである<ref>[http://www.nagatoro.gr.jp/koyo_lightup/ 長瀞紅葉まつり] - 長瀞観光協会、2015年11月29日閲覧。</ref>。
 
* 蓬莱島公園 - 長瀞八景の一つ<ref>[http://www.saiwebguide.com/chichibu/asobi3.htm 埼玉県秩父 観光・レジャー] - 彩の国満喫 さいたま総合情報ポータル </ref>。東側に荒川の河道跡があり、文字通り昔は島([[中州]])であった<ref name="nagatoroshizen63"/>。