「塙直政」の版間の差分

守護職に関する不正確な表現の修正
m (→‎経歴: 誤字を修正)
(守護職に関する不正確な表現の修正)
尾張国春日井郡比良村出身といわれる。はじめ織田信長の[[馬廻]]、一時期は[[赤母衣衆]]に抜擢される。信長が岐阜に移るのに伴って岐阜に移り住んだ。
 
[[永禄]]11年([[1568年]])の信長入京以降、吏僚として[[畿内]]の政務を担当。[[蘭奢待]]下賜の際の御奉行(監督役)を務め、天正2年([[1574年]])5月には南[[山城国|山城]]守護、天正3年([[1575年]])3月には[[大和国|大和]]守護の兼務を命じられ2ヶ国を支配した。また、対[[石山本願寺]]攻め([[石山合戦]])、[[長島一向一揆|伊勢長島攻め]]、[[高屋城の戦い]]、[[越前一向一揆]]討伐にも参加し戦功を立てる。この年に[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]、[[明智光秀]]、[[簗田広正]]らと共に叙任されて備中守に任ぜられ、原田の[[カバネ|姓]]を下賜された。最盛期には前述の通り、全権を委ねられた強力な支配ではないにしろ山城国南部・大和国の2カ国の統治に加え、[[河内国]]の守護も兼ね城割を行うなど、三カ国に及ぶ広範囲の支配権を有しており、同年代の柴田勝家ら宿老クラスに勝るとも劣らない勢力を保持していた。
 
天正3年([[1575年]])5月、[[長篠の戦い]]では[[佐々成政]]・[[前田利家]]・[[野々村正成]]・[[福富秀勝]]と並んで鉄砲奉行に任じられている。([[信長公記]])
34

回編集