「2-ピリドン」の版間の差分

m
→‎微生物への影響: 内部リンクの修正
m (→‎微生物への影響: 内部リンクの修正)
 
== 微生物への影響 ==
2-ピリドンは土壌中で[[微生物]]によってすみやかに分解され、その半減期は一週間未満である<ref name="Gerald">{{cite journal | doi = 10.2134/jeq1985.00472425001400040022x | url = http://jeq.scijournals.org/cgi/content/abstract/14/4/580 | pages = 580–584 | journal = Journal of Environmental Quality | title = Degradation of Pyridine Derivatives in Soil | volume = 14 | issue = 4 | author = Sims, Gerald K. | author2 = S | year = 1985}}</ref>。2-ピリドンを炭素・窒素源またはエネルギー源として利用できる生物が、多くの研究者によって確認された。最も大々的に研究されたのは[[グラム陽性菌]]で[[放線菌]]の一種であるアルスロバクター・クリスタロポイエテス (''[[w:en:Arthrobacter|Arthrobacter crystallopoietes]]'') であり<ref>{{cite journal | doi = 10.1007/BF00422519| pages = 137–153 | title = A crystalline pigment produced from 2-hydroxypyridine by arthrobacter crystallopoietes n.sp. | year = 1963 | last1 = Ensign | first1 = Jerald C. | last2 = Rittenberg | first2 = Sydney C. | journal = Archives of Microbiology | volume = 47}}</ref>、 そのほか多くの有機体が2-ピリドンを炭化水素、カルボン酸、ヒドロキシピリジンなどに分解させることがわかった。2-ピリドンの分解はモノ[[酸素添加酵素|オキシゲナーゼ]]の攻撃により始まり、2,5-ジヒドロキシピリジンのような[[ジオール]]を生成し、これはマレイン酸経路を通じて代謝される。環の切断は2,5-ジヒドロキシピリジンモノオキシゲナーゼの働きを促進し、マレイン酸経路を通じて[[ニコチン酸]]の代謝にも関与する。''Arthrobacter crystallopoietes''の例では、少なくとも分解経路の一部が[[プラスミド]]を媒介としていた<ref name="LOU">{{cite journal | doi = 10.1080/10643388909388372 | url = http://www.mesg.anl.gov/Ed_web_files/oloughlinPDF_Files/CREC1989.pdf | last1 = Sims | first1 = G. K. | first2 = E.J. | last2 = O'Loughlin | last3 = Crawford | year = 1989 | first3 = Ronald | title = Degradation of pyridines in the environment | journal = CRC Critical Reviews in Environmental Control | volume = 19 | issue= 4 | pages = 309–340}}</ref>。ピリジンジオールは明瞭な色素を形成するために溶液中で化学的輸送を行う。似たような色素が[[キノリン]]の分解で確認されているが<ref>{{cite journal | doi =10.1016/S0964-8305(96)00032-7| pages = 107–118 | title =Isolation, characterization, and substrate utilization of a quinoline-degrading bacterium | year =1996 | last1 =Oloughlin | first1 =E | last2 =Kehrmeyer | first2 =S | last3 =Sims | first3 =G | journal =International Biodeterioration & Biodegradation | volume =38}}</ref>、黄色色素が多くはピリジン溶液の分解で報告されていて、これらの溶媒の存在下で[[リボフラビン]]からの無置換[[ピリジン]]または[[ピコリン]]の過剰生産が原因である<ref>{{cite journal | url =http://aem.asm.org/cgi/content/abstract/58/10/3423| pages = 3423–3425 | pmid =16348793 | journal =Applied and Environmental Microbiology | title =Riboflavin Production during Growth of Micrococcus luteus on Pyridine | volume =58 | issue =10 | author =Sims, Gerald K. | author2 =O | year =1992 | pmc=183117}}</ref>。一般に、ピリドン、ジヒドロキシピリジン、ピリジンカルボン酸の分解はふつうオキシゲナーゼに媒介され、ピリジンの分解はそうではない<ref name="LOU"/>。
 
== 脚注 ==
335

回編集