「摩阿姫」の版間の差分

編集の要約なし
'''摩阿姫'''(まあひめ、[[元亀]]3年([[1572年]])<ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)333頁-334頁</ref> - [[慶長]]10年[[10月13日 (旧暦)|10月13日]] ([[1605年]][[11月23日]]))は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代]]初期の女性。[[前田利家]]の三女、側室の子ともいわれている<ref name="k1718">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)17頁-18頁</ref>。初め[[豊臣秀吉]]の側室になり、秀吉の死後[[万里小路充房]]の側室となる。名は摩阿・麻阿とも。通称は'''加賀殿'''(かがどの)。
 
== 来歴 ==
摩阿は[[天正]]10年(1582年)、11歳で[[柴田勝家]]の家臣・[[佐久間十蔵]]と婚約し、[[北ノ庄城]]に入る<ref name="k1718">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)17頁</ref><ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>。ところが翌年の[[賤ヶ岳の戦い]]で柴田勝家は秀吉に敗れ、十蔵も自害してしまう。摩阿の介添えをしていた[[あちゃこ]]という女中が機転をきかせて城外から連れ出し<ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>、[[前田家]]に戻った(『村井重頼覚書』)<ref name="k1718">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)18頁</ref><ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>。
 
天正13年(1585年)に秀吉の側室になったとされるが、実際に上洛したのは天正14年の春頃とも指摘されている<ref>桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)20頁</ref><ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>。彼女は体が弱く、有馬温泉に湯治に出かけたこともある<ref name="k89">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)89頁</ref>。文禄元年12月26日の秀吉直筆消息が「加賀殿」の呼称の初見であり、あて書きに「かゝ殿」としている<ref>桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)22頁</ref>。[[慶長]]3年(1598年)3月に秀吉が催した[[醍醐の花見]]では5番目の輿にその名が見え<ref name="k89">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)89頁</ref>、一首「あかず見む幾春ごとに咲きそふる 深雪の山の花のさかりを」を詠んでいる。この後、秀吉の存世中に、側室を辞めた<ref name="k91">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)91頁</ref>。
 
その後は権大納言・[[万里小路充房]]の側室となって[[前田利忠]]を産むが<ref name="k91">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)91頁</ref><ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>、のち充房とは故あって離縁し、利忠を連れて[[金沢]]に出戻った<ref>桑田忠親「豊臣秀吉の側室加賀殿の生活」(『歴史地理』71巻6号)</ref><ref name="k92">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)92頁</ref><ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>。慶長10年(1605年)10月13日に死去した<ref name="k92">桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)92頁</ref>。墓所は[[北区 (京都市)|京都市北区]] [[大徳寺]] [[芳春院 (京都市)|芳春院]]<ref name="iwa">岩沢愿彦『前田利家(新装版)』(吉川弘文館、1988年)334頁</ref>。息子の利忠は前田氏を称し、[[前田利長]]に召しだされ高岡で奉仕し、のちに[[前田利常]]から5千石を賜った<ref>桑田忠親『戦国おんな史談』(潮出版社、1981年)162頁</ref>。
 
== 登場作品 ==
匿名利用者