「第百五十三号哨戒特務艇」の版間の差分

m
</br> → <br />,<br/> → <br /> ∵Tag with incorrect syntax or so: Check Wikipedia ID2
m (</br> → <br />,<br/> → <br /> ∵Tag with incorrect syntax or so: Check Wikipedia ID2)
|画像=
|画像説明=
|運用者={{navy|Empire of Japan}}<br />[[File:Flag of Japan.svg|25px|border]] [[第二復員省]]/[[復員庁]]<br />[[File:Flag of Japan.svg|25px|border]] [[運輸省]]<br />[[File:Ensign of the Japanese Coast Guard.svg|25px|border]] [[海上保安庁]]<br />[[File:Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg|25px|border]] [[警備隊 (保安庁)|保安庁警備隊]]<br />{{navy|Japan}}
|建造所=船体:[[福島造船鉄工所]]<br />兵装艤装:[[呉海軍工廠]]
|計画=[[マル戦計画]]
|発注=
|竣工=1945年7月23日
|退役=
|除籍=1945年11月30日(日本海軍)<br />1948年1月1日(復員庁)<br />1952年8月1日(海上保安庁)<br />1964年3月31日(海上自衛隊)<ref name="decommissioned " group="注釈">世界の艦船『海上自衛隊全艦艇史』p. 42による。世界の艦船『日本海軍護衛艦艇史』p. 114では、「(昭和)42年3月31日海上自衛隊を除籍」としている。</ref>
|最後=
|その後=
|モットー=
|建造費=1,350,000円(予算成立時の価格)
|改名=第百五十三号哨戒特務艇(1944年11月)</br />哨特第百五十三号(1945年12月)<br />MS-26(1948年5月)<br />哨特第一五三号(1948年8月)<br />たかしま(1951年12月)<br />掃海雑船33号(1962年3月)<ref name="named" group="注釈">世界の艦船『海上自衛隊全艦艇史』p. 42による。世界の艦船『日本海軍護衛艦艇史』p. 114では、「(昭和)37年3月31日特務雑船33号に変更」としている。</ref><br />掃海船33号(1963年1月)
|要目注記=哨戒特務艇・計画時
|種別=特務艇(1944年11月)<br />掃海艦(1945年12月)<br />掃海船(1948年5月)<br />掃海艇(1954年7月)<ref name="classification" group="注釈">世界の艦船『海上自衛隊全艦艇史』p. 42による。世界の艦船『日本海軍護衛艦艇史』p. 114では、「昭和27年8月1日保安庁警備隊に移管、掃海艇に分類」としている。</ref><br />支援船(1962年3月)
|艦級=[[第一号型哨戒特務艇]](1944年11月)<br />うきしま型掃海船(1951年12月)<br />うきしま型掃海艇(1954年7月)
|前級=
|次級=
|乗員=34名
|搭載量=
|兵装=[[九六式二十五粍高角機銃|25mm機銃]] 連装1基、単装2基<br />12センチ[[ロケット砲|噴進砲]]2門<br />[[爆雷]]12個、[[魚雷]]落射機2基
|装甲=
|搭載艇=短艇1隻
23,966

回編集