「重粒子線がん治療」の版間の差分

m
+cat
m (+cat)
[[ファイル:放射線治療.png|代替文=X線に比べ粒子線では正常組織の障害が少ない|サムネイル]]
{{画像提供依頼|作用の模式図|装置の画像(加速器、照射装置の2種)|date=2012年10月|cat=医学}}
'''重粒子線がん治療'''(じゅうりゅうしせんがんちりょう、{{Lang-en|'''heavy particle therapy''', '''charged particle radiotherapy''', '''heavy ion therapy''', など}})とは、線量局在性の高い治療が可能という性質を持つことから、[[炭素イオン線]]で[[がん]]病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常[[細胞]]の有害事象を最小限に抑えることが可能とされる最先端の[[放射線療法]]のうちの一つ。