「シク王国」の版間の差分

=== 成立に至るまで ===
==== ムガル帝国との対立 ====
[[ナーナク]]を開祖とする[[シク教]]は、元来は平和的な宗教であったが、[[イスラーム教|イスラーム]]勢力である [[ムガル帝国]]の政治的圧力と、インド人の勇猛な性格など諸因が重なって宗教団体が次第に政治組織・軍事組織化されていっていった。
 
第4代グルの[[ラーム・ダース]]は[[アムリトサル]]に[[ハリマンディル・サーヒブ|黄金寺院]]を建立した。さらに、これまでの歴代グルが師弟相承制であったのを血脈相承制、すなわち世襲制に移行させた。
1,582

回編集