メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 来歴・人物 ==
[[仙台育英学園高等学校|仙台育英学園高校]]から[[JR東日本東北硬式野球部|仙台鉄道管理局]]を経て、に進む。[[1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1979年ドラフト]]2位指名で[[北海道日本ハムファイターズ第50回都市対抗野球大会|日本ハムファイターズ都市対抗]]に入団。入団時はアンダスローだったが、1981年にサイドスローに転向。シュートやシンカーを武器に中継ぎで登板した。しかし、そクベニマル後あまり活躍できず、[[1985年]]11月に[[木田勇]]補強選手共に[[金沢次男]]・[[大畑徹]]との2して出場<ref>「都市2の交換トレードで[[横浜DeNAベイスターズ|横浜抗野球洋ホエールズ]]に移籍会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年</ref>
 
[[1979年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1979年ドラフト]]2位指名で[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハムファイターズ]]に入団。入団時はアンダースローだったが、[[1981年]]にサイドスローに転向。同年はシュートやシンカーを武器に、開幕直後から先発陣に組み入れられ4勝をあげる。しかし、その後あまり活躍できず、[[1985年]]11月に[[木田勇]]と共に[[金沢次男]]・[[大畑徹]]との2対2の交換トレードで[[横浜DeNAベイスターズ|横浜大洋ホエールズ]]に移籍。
ここでは一度も1軍戦での登板はなく、翌年オフに現役を引退した。
 
ここでは一度も1軍戦での登板はなく、[[1986]]オフに現役を引退した。
 
翌[[1987年]]、古巣・日本ハムファイターズに戻って[[打撃投手]]を務め、[[1988年]]からはスコアラーとなり現在に至る。
* 初勝利:[[1981年]][[4月15日]]、対近鉄バファローズ戦
* 初登板で対戦した第1打者に被本塁打:上記「初記録」の「初登板」の項を参照 ※パ・リーグ17人目
 
=== 背番号 ===
* '''26''' (1980年)
* '''46''' (1986年)
* '''65''' (1987年)
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
5,405

回編集