「朱友寧」の版間の差分

王師範と王茂章の軍に挟撃されて斬首された。
m
(王師範と王茂章の軍に挟撃されて斬首された。)
叔父・朱全忠が汴を治めるようになると軍職を歴任する。叔父と共に、'''光州'''[[刺史]]の[[秦宗権]]を生け捕りにして、これを処刑した功績により検校右散騎常侍、'''龔・柳'''の両州の刺史に任じられる。
 
仔細は不明だが早世し王師範と王茂章の軍に挟撃されて斬首されようである。叔父が皇帝に即位すると、'''安王'''としての[[諡号]]を贈られたという。
 
== 歴史書の記述 ==
匿名利用者