「はてしない物語」の版間の差分

 
==道具==
;[[はてしない物語]] (Die unendliche Geschichte)
: バスチアンがコレアンダーの古本屋から盗み出し、学校の物置で読み始める本。表紙はあかがね色の絹でできており、互いの尾を咬んで楕円になっている明暗二匹の蛇が描かれている。
;アウリン (AURYN)
:幼ごころの君の名代となるしるし。おひかり、宝のメダルとも。表の図柄は、明暗二匹の蛇が互いに相手の尾を咬んで楕円になっているた形状[[ウロボロス]]をしている
;シカンダ (Sikánda)
:ファンタージエン中、これ歯むかえるおいて最のは強力魔法の剣。ひとりでに手の中にとびこんでくるときだけ使ってよく、なすべきことを自らの力でなすが、所有者の意思でさやからひきぬいたときには、自身とファンタージエンに大きな災いがもたらされるという。
;アル・ツァヒール (Al'Tsahir)
;ゲマルの帯
:ガラスでできた姿を見えなくする帯。サイーデがバスチアンに寄贈した。
;アル・ツァヒール
:透明なガラスのように見える石。ある扉を封印していて、その名を唱えることで石が光を取り戻すと共に、扉の封印がとける。また、封印を解いたものがいま一度終わりから始めへとその名を唱えると、百年分の光を一瞬のうちに放つという。
;ゲマルの帯 (Der Gürtel Gémmal)
:ガラスでできた姿を見えなくする帯。サイーデがバスチアンに寄贈した。
 
== 日本語版 ==
19

回編集