「フェアリー ソードフィッシュ」の版間の差分

== 評価 ==
[[画像:The Royal Navy during the Second World War A22094.jpg|thumb|200px|MACシップの飛行甲板上に係止されているソードフィッシュ]]
本機に[[パイロット (航空)|パイロット]]達が与えた有名なあだ名に、ストリングバッグ(網袋)というものがある。その由来については、空中戦以外は何でも出来る使い勝手の良さを、何でも入る買い物袋に例えたという説と、帆布張りで張線が張り巡らされていることから、という説があるが、おそらくどちらも正しいのであろう。ソードフィッシュが採用された時点で、航空業界には全金属・[[単葉]]の機体が普及しつつあったが、[[艦載機]]の分野では、まだ保守的な設計が主流であり、ソードフィッシュにも実用性を第一とし実績のある複葉と鋼管骨組み羽布張りが採用された。
 
ソードフィッシュは当時としては旧式である複葉機であり、同時代の最新鋭機に比べ低性能ではあったが、[[第二次世界大戦]]の[[ヨーロッパ]]方面の戦闘に於いてそれなりに活躍する事が出来た。それは[[ドイツ]]や[[イタリア]]などの欧州方面[[枢軸国]]が洋上作戦を展開するための[[航空母艦]]などの航空兵力を保持し得なかったことと、艦隊決戦よりも[[シーレーン]]防衛を重視したイギリス海軍の戦略によるところが大きい。
匿名利用者