メインメニューを開く

差分

| accessdate = 2008-04-02
}}</ref>。
コロンビア川の基となった川の下流部は、後に[[フッド山]]が噴火し誕生する場所にあった谷筋を通過しており、その侵食による堆積物と火山噴火が、オレゴン州北西部の{{仮リンク|バーノーニア|en|Vernonia, Oregon}}近郊にある{{仮リンク|北部オレゴン海岸山脈|en|Northern Oregon Coast Range}}東側の丘陵地帯の基盤となる、厚さ3キロメートル以上の[[三角州]]を形成した{{sfn|Bishop|2003|p=98}}。1千7百万年前から6百万年前にかけて、大規模な[[洪水玄武岩]]の噴出が[[ロンビア川台地]]を覆い尽くし、コロンビア川下流は現在の流れになった<ref name="USGSbasalt">
{{cite web
| title = Columbia Plateau and Columbia River Basalt Group
匿名利用者