メインメニューを開く

差分

[[和名]](標準和名)「ジンベエザメ」は、体にある模様が着物の[[甚平|甚兵衛]](じんべえ)・甚平(じんべい)に似ていることから名づけられたとされる。
 
日本各地の方言による呼称は「いびすさが」(茨城県)、「じんべ」(茨城県)、「えびすざめ」(千葉県、神奈川県、静岡県)、「じんべえ」(千葉県)、「じんべい」(福井県)、「さめ」(高知県)、「くじらぶか」(鹿児島県)、「みずさば」(沖縄県)などがある。<!--方言については情報源(「Database of Life」など複数)に若干の不安があります。怪しいものがあれば御指摘を。学術名ではないので平仮名表記。-->
 
英語 '''{{sname||whale shark}}''' (ホエール・シャーク)を始め、ドイツ語 Walhai (ヴァールハイ; [[Wikt:de:Wal|Wal]] ([[鯨]]) + [[Wikt:de:Hai|Hai]] (鮫))、フランス語 requin baleine (ルカン・バレーヌ; [[Wikt:fr:requin|requin]] (鮫) + [[Wikt:fr:baleine|baleine]] (鯨))、イタリア語 squalo balena (スクアーロ・バレーナ; [[Wikt:it:squalo|squalo]] (鮫) + [[Wikt:it:balena|balena]] (鯨))、[[中国語]]では「[[Wikt:鯨|鯨]][[Wikt:鯊|鯊]]」など、多くの言語で「鯨鮫」を意味する名を持つ。[[台湾語]]では、その肉の味から「豆腐[[Wiktionary:鯊|鯊]]<!--文字化け回避link-->」の異名がある。
匿名利用者