「立体角」の版間の差分

計量単位を分けて記述
(計量単位を分けて記述)
これに対し、空間上における立体角とは、空間上の同一の点(角の頂点)から出る半直線が動いてつくる[[錐面]]によって区切られた部分のことをいい、この錐面の開き具合を角度という。角度は、角の頂点を中心とする半径 1の球から錐面が切り取った面積の大きさで表すことができる。
 
立体角の計量単位には次の2つがある。
立体角の単位には[[ステラジアン]]が使われる。また、天文学で天球上における面積を表すのに用いられる[[平方度]]も立体角の単位の一つである。
* [[ステラジアン]]:[[SI単位]]であり、日本の[[計量法]]において認められている。全立体角は4π[[ステラジアン]] = 約12.566 370 614 ステラジアン であり、約41 252.96 [[平方度]]である。
 
* [[平方度]]:天文学で天球上における面積を表すのに用いられる。非[[SI単位]]であり、日本の[[計量法]]においても認められていない。1 平方度は、約0.000 304 617 419 79 sr(ステラジアン)である。
全立体角は4π[sr(ステラジアン)](41252.96 平方度)(全平面角は2π[rad(ラジアン)]=360°である)。
 
== 関連項目 ==
* [[ステラジアン]]
* [[平方度]]
 
{{DEFAULTSORT:りつたいかく}}