「ジョルジュ・サルマナザール」の版間の差分

編集の要約なし
m
| occupation = [[詐欺師]]、[[著述家]]
}}
'''ジョルジュ・サルマナザール'''(George Psalmanazar, [[1679年]]? - [[1763年]][[5月3日]])は[[18世紀]]の[[イギリス]]で活躍した[[詐欺師]]であり[[著述家]]<ref name="k17-18">桐生(1998, 17-18)</ref>。18世紀初頭、[[ヨーロッパ]]人は東アジアに関心を寄せていたものの、ほとんどの西欧人にとって東洋は未知の世界だった。サルマナザールは[[フランス]]生まれにも関わらず自らを[[台湾人]]と偽り、主に[[ロンドン]]の[[サロン]]で注目を集めた<ref name="k14">桐生(1998, 14)</ref>。サルマナザールには台湾に関する知識はほとんどなかったが、空想を巡らせてでたらめな風習や言語を紹介した。またサルマナザールは「台湾語」とされる自作の文字や文法さえ創りだして架空の世界を作り上げていった。[[1704年]]にはそれらを詳細にまとめた偽書の傑作『[[台湾誌]]』を出版した<ref name="k15">桐生(1998, 15)</ref>。台湾の専門家としての名声を獲得したサルマナザールは、一時期[[オックスフォード大学]]で学生たちへの講義も行っている。その後サルマナザールの[[捏造]]が発覚するまで、『台湾誌』はイギリス知識人の[[東洋人]]認識に多大な影響を与えた
 
== 出自 ==
匿名利用者