「台湾誌」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Psalmamazar Formosa.jpg|サムネイル|『台湾誌』の扉]]
[[ファイル:Formosa1-2-.jpg|サムネイル|身分による装いの違いを示す挿絵。平民は前をはだけ、局部に皿状のものをつけているなどと捏造し、解説した。挿絵には礼拝堂や祭壇、悪魔の像、葬儀、貨幣なども。]]
『'''台湾誌'''』(たいわんし、{{lang-en-short|''Historical and Geographical Description of Formosa, an Island subject to the Emperor of Japan''}}、『台湾(日本皇帝支配下の島)の歴史地理に関する記述』)とは、[[1704年]]、[[ロンドン]]にて出版された[[台湾]]についての[[偽書]]である。著者は'''[[ジョルジュ・サルマナザール]]'''(George Psalmanazar、1679年 - 1763年)。台湾人を自称し、「台湾人の祖先は日本人である」「子供の心臓を神に捧げる習慣がある」など荒唐無稽な虚言や、台湾の歴史や文化、台湾語、台湾文字を捏造した。著者は欧州から出たことはなく、すべてがまったくの創作であったが、アジアの知識に乏しかった西洋社会に広く受け入れられ、[[18世紀]]初頭の[[ヨーロッパ]]の知識階級に台湾や日本に対する誤った印象を植え付けた
 
== 内容 ==
匿名利用者