「アルミホイール」の版間の差分

(→‎概要: 事実関係の明確な間違いの訂正ほか)
自動車黎明期からのホイール主構成材である鋼に替え、より比強度に優れるアルミニウム合金を多用することで理論上鋼製と同強度で軽量に仕上げられる。これにより回転慣性重量とジャイロ効果、「バネ下重量」(サスペンションのスプリングに荷重していない部分。ホイール、ブレーキ、サスペンションアームなどの合計質量)を低減し、加減速と操舵の反応、路面追従性が向上する。
 
しかし、アルミニウム合金は鋼よりも[[比強度]]が高いものの[[疲労限度]]がない(鋼は疲労限度がある)ことにより、応力を加え続ければ無限に強度低下する。このため長期間の運用を前提とする乗用車アルミホイールのへ適用する場合は、強度に相当な余裕をもって設計しなければならず、スチールホイールと比べて、重量による利点は思われているより小さい。メーカーオプションのアルミホイールなどの場合、安全率を大きくとっているために純正のスチールホイールより重いこともある<ref>例えば、[[スズキ・スイフト]]の場合、純正の15X5.5JJ +45スチールホイール(ホイルキャップ付)の質量は一本あたり6.9 [[キログラム|kg]]であるのに対して、純正の同サイズのアルミホイールの質量は一本あたり8.2 kgである。</ref>。
 
このように短期間使用で更新を前提とする競技用や一部の高価格帯商品(鍛造のアルミホイール)を除いて純正サイズでは重量による利点は小さいが、径が大きくなるにしたがって製との重量差は次第に大きくなる。[[カー用品店]]等ではアルミホイール全般に軽量化のメリットがあるように謳っていることが多いが、インチアップしたホイールやタイヤの重量増のため実際には重くなることが多いので、注意が必要である。
 
他にも素材の特性として、スチールホイールとの比較では[[腐食]]しにくい点や、アルミニウムの熱伝導性の良さ・熱容量から、[[ブレーキ]]の排熱(放熱)を効果的に行えるメリットもある。また、アルミホイールは車の外観をスタイリッシュにみせる重要な部品でもある。また、空力特性上から[[トヨタ・プリウス]]([[ステーションワゴン]]版、[[ミニバン]]版の[[トヨタ・プリウスα|プリウスα]]を含む)および[[トヨタ・SAI]]では一部の仕様にアルミホイールにプラスチックのホイールカバーを付けている例もある。