「秦野市観光協会」の版間の差分

編集の要約なし
 
==沿革==
この地域の観光協会設立は1951年(昭和26年)初めに大秦野観光協会が設立されたことに遡る。設立は[[弘法山]]と[[鶴巻温泉]]が県と神奈川新聞社が選ぶ「神奈川新八景」に決定した翌年で、秦野町を中心に周辺自治体も対象とした広域的な組織であった。1952年(昭和27年)秋には観光協会により[[ヤビツ峠]]に山小屋「ヤビツ山荘」が建てられた{{efn|秦野市史は山荘建設を秦野市観光協会によるものとするが、この時点では秦野市はまだ成立していない。}}。合併して秦野市となった後、秦野市観光協会と改称した<ref>「秦野地方の観光」『秦野市史 通史4(現代)』秦野市、1988年。</ref>。
 
協会の位置付けは市の観光行政を補完する任意団体であり、設立以降、会長を市長が兼務するほか、要職を市職員が務めていた{{efn|昭和30年代の改選では実際に会長を市長が兼務している<ref>「市観光協会新役員決定 新会長 加藤市長就任 規約の一部改正も」『市政はだの』第28号、秦野市役所、1963年1月。</ref>。}}。しかし市長の[[古谷義幸]]が会長職を民間に譲りたいとの意向を表明、2007年5月には民間から公募した会長が就任した<ref>『毎日新聞』2007年5月17日付26面(神奈川)。</ref>。これを機に協会を市から独立させる動きが進められ、2007年12月にはそれまで市庁舎内にあった事務所が市の敷地に出店したファミリーマートの店内に移された。2009年7月には任意団体から一般社団法人に移行した<ref>[http://www.kanaloco.jp/article/49288 秦野市観光協会が集客へ企画続々、自主財源確保に成果も]</ref>。法人格の取得で多様な事業展開が可能となったことから、2009年10月には秦野のPRキャラクター「丹沢はだの三兄弟」の次男、のぼる君が店主という名目で、協会直営のネットショップを開設した<ref>「人気の次男「のぼる君」ネットで起業 秦野のPRキャラ HPで名産品紹介」『朝日新聞』2009年(平成21年)10月16日付朝刊31面(さがみ野)。</ref><ref>「[http://www.kankou-hadano.org/hadano_sanpo/backnumber/hadanosanpo23.pdf 丹沢のぼる商店]」『秦野さんぽ』第23号(春夏号)、秦野市観光協会、2010年。※ページ番号なし、表紙から3枚目に掲載。</ref>。取り組みが評価され、2012年には県主催の「第3回かながわ観光大賞」で審査委員特別賞に選ばれた<ref>「カップヌードルミュージアム グランプリを受賞 かながわ観光大賞」『日本経済新聞』2012年(平成24年)12月15日付地方経済面(神奈川)</ref>。