「真継伸彦」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{出典の明記|date=2016年8月}}
'''真継伸彦'''(まつぎ のぶひこ、[[1932年]][[3月18日]] - [[2016年]][[8月22日]]<ref name="mainichi20160824" />)は、[[日本]]の[[作家]]。元[[姫路獨協大学]][[教授]]。[[京都市]]生まれ。[[京都大学]]文学部卒
 
== 人と作品 ==
[[京都大学]]文学部独文科卒業後の1954年に上京し、[[創元社]]の校正アルバイトに就き、1955年に[[専修大学]]図書館に就職。同人誌「半世界」に「杉本克己の死」の一部を発表。
 
[[一向一揆]]を題材にした小説を構想し、執筆に専念するために退職、1961年から[[青山学院大学]]ドイツ語非常勤講師となる。1963年、盗賊から[[浄土真宗]]に帰依する男を描いた[[歴史小説]]『鮫』で[[文藝賞]]を受賞。これに第二篇を加えて翌年刊行、また[[萬屋錦之介|中村錦之助]]主演で[[東映]]で映画化された。
14,569

回編集