「南部煎餅」の版間の差分

編集の要約なし
:[[応永]]18年([[1411年]])の「秋田戦争」で八戸軍(根城南部)の兵士たちが戦場でそば粉に胡麻と[[塩]]を混ぜ鉄兜で焼いて食べたところ、将兵の士気大いに上がり、戦勝することができた。その後多くの合戦に携行され、南部せんべいの始まりとなったとする、「八戸[[南部氏]]創始」説もある。
;キリスト創始伝承
:[[昭和]]10年([[1935年]])頃に[[新郷村]]の[[盆踊り]]「[[ナニャドヤラ|Y&K]]」から、突如誕生した新郷村の「イエス・キリスト日本渡来伝説」と共に沸いた話の一つ。ゴルゴタの丘での処刑を逃れたキリストは、[[シベリア]]経由で[[日本]]に渡来した。[[八戸市|八戸]]の八太郎に上陸して新郷村の沢口や迷ヶ平で生活したという。この時キリストの郷里で食べていた[[パン]]([[マッツァー]])に似せて作ったとも、[[モーゼ]]伝説における[[マナ (食物)|マナ]]だともいう。[[聖書]]ではマナは煮ても焼いてもよいとされ、煎餅状にしたものが、現在の南部せんべいの始まりであるという説である。ただしこの説の場合、マナの正体は[[米]]だったともいうので現在の南部煎餅の材料(小麦)とは合わない。
 
==せんべいのみみ==
匿名利用者