メインメニューを開く

差分

m
'''Objective-C'''(オブジェクティブ シー)は、[[プログラミング言語]]の一種。[[C言語]]をベースに[[Smalltalk]]型の[[オブジェクト指向]]機能を持たせた上位互換言語である。
 
Objective-Cは[[NeXT]]、[[OS X|Mac OS X]]の[[オペレーティングシステム|OS]]に標準付属する公式開発言語である。OS Xのパッケージ版に開発環境がDVDで付属するほか、ユーザ登録をすれば無償でダウンロードできる([[Xcode]]の項目参照)。現在では主に[[アップル インコーポレイテッド(企業)|アップル]]のMac OS Xや[[iOS (アップル)|iOS]]上で動作するアプリケーションの開発で利用される。
 
== 概要 ==
 
== 歴史 ==
Objective-Cは、[[1983年]]に{{仮リンク|ブラッド・コックス|en|Brad Cox}}によって開発され、そのコンパイラやライブラリを支援するためにStepstone社を創立した。Stepstone社は、Objective-Cに力を注いだが、それはマイナーな存在であった。Objective-Cが認知され始めるきっかけは、[[1985年]]、[[アップル インコーポレイテッド(企業)|アップルコンピュータ]]を去った[[スティーブ・ジョブズ]]が、m68k機であるNeXTコンピュータと[[NeXTSTEP]]オペレーティングシステムの開発を行うNeXT Computer社を創立したことに始まる。
 
そのマシンのユーザインタフェースは、[[Display PostScript]]とObjective-Cで書かれたApplication Kitにより提供され、Objective-CはNeXTコンピュータの主力言語となった。その後の歴史は、主にNeXT社とともにあり、[[GNUコンパイラコレクション|GCC]]をベースにしたObjective-Cサポートが行われ、プロトコルの導入など文法の拡張なども行われている。NeXT社による多くの成果は、GCCに還元されている。
9,681

回編集