「ゴスペル (音楽)」の版間の差分

*: ただし、この映画は[[カトリック教会]]を舞台としており、その音楽は多くが[[聖母マリア]]について歌うため、多くのアフリカ系アメリカ人クリスチャンの観点からすれば、マリア崇敬の無い[[プロテスタント]]の文化であるゴスペル音楽とは本質的に違うものである。しかしながら、結果的にこの映画の中の一ゴスペルナンバー、「[[オー・ハッピー・デイ]]」がゴスペルブームの火付け役となった事もあり、日本ではこの映画で歌われている音楽全体をゴスペルであるとする考えが浸透している。
* [[天使にラブ・ソングを2]] ''Sister Act 2: Back in the Habit'' (1993)
* [[ジョイフル・ノイズ]] (2012)
 
== 歌手 ==
69

回編集