メインメニューを開く

差分

== 主な登場人物 ==
{{節stub}}
本作にはスパイダーマンのバリエーションが多数登場する。過去には本編の世界であるアース-616のスパイダーマンが通常と異なる姿になったこともあるが、それらはスーペリア・スパイダーマンが過去から来た同一であるのを唯一の例外として、すべて別次元の人物として新たに設定されている。また本作で初登場となった者たちもいる。[[スパイダーマン (池上遼一の漫画)|小森ユウ]]、[[スパイダーマン (映画)|トビー・マグワイアに似たピーター]]、[[アメイジング・スパイダーマン (映画)|アンドリュー・ガーフィールドに似たピーター]]などは、本人は登場しないがセリフで言及されている<ref>{{Cite book |和書 |author = |year = 2016 |title = ワールド・オブ・スパイダーバース |publisher = [[ヴィレッジブックス]] |page = 327 |isbn = 978-4-86491-303-4 C0979}}</ref>。
 
; ピーター・パーカー / スパイダーマン
: 出身:アース-616
: 『[[アメイジング・スパイダーマン]]』シリーズの主人公。かつてオットー・オクタビアス([[ドクター・オクトパス]])が身体を乗っ取っていた際に自分の会社「パーカー・インダストリーズ」を設立していたことから、自身の身体を取り戻すと同時に同社の社長としての責務を背負っている
: 本作には同姓同名のスパイダーマンが多数登場するが、それぞれ出身の世界やコスチューム、本作に登場するまでの経緯が異なる。
; シンディ・ムーン / シルク
: アース-65ではグウェンがスパイダーパワーを得ており、ピーターが死亡するという、アース-616とは逆の展開を経ている。
: ピーターの最期を看取ったことが「ピーターを殺した」と誤解され、警察に追われる身だったが、スパイダーUKに存在を確認され、スパイダーアーミーに合流することになる。
; ピーター・パーカー(オットー・オクタビアス) / スーペリア・スパイダーマン
: 出身:アース-616
: 『スーペリア・スパイダーマン』の主人公。[[ドクター・オクトパス]](オットー・オクの精神がピービアス)にーの身体を乗っ取られた支配している状態のピーター。本編のオットーは既にピーターに身体を返して消滅している(そのためスーペリアの存在も失われている)が、本作では過去から来たという設定で再登場する。精神がオットーであるため自分の才能を誇示する傾向があり、アース-2818のピーターからは「ナチュラルに自慢が出てくる」と言われている。
: アクシデントで2099年に飛ばされ、元の時代に戻ろうとする過程で別次元のスパイダーたちが次々とインヘリターズに襲われていることを知り、対抗策としてスパイダーアーミーを結成するために生き残ったスパイダーたちを集めていた。
; ピーター・パーカー / スパイダーマン
: 出身:アース-51778
: [[スパイダーマン (東映)|東映テレビドラマ版]]の主人公。巨大ロボット「レオパルドン」と共に参戦する。
; ペニ・パーカー / スパ//ダー
: 5年前に死んだ父の遺志を継ぎ、パワードスーツで戦う14歳の少女。
 
== 脚注 ==
14,154

回編集