「アプレット」の版間の差分

編集の要約なし
(アプレットの例として、GNOMEアプレットを)
[[en:Applet]][[de:Applet]]
 
'''アプレット'''とは、他の[[アプリケーショ]]の中に組み込まれて実行される小さなプログラムとのことである。多くの場合、アプレットを動作させるアプリケーションはWebブラウザである。アプレットという単語は[[Javaアプレット]]の略称として用いられることも多い。
 
他のアプリケーションの上で動くために、同じ機能を実現するのにも、単独のアプリケーションより必要なプログラミング量が減る特徴がある。
 
==アプレットの例==
日本ではあまり用いられないが、英語圏ではMacromedia FlashのようなWebページに組み込まれるものもアプレットに数えることもある。その他、Webブラウザ上のもの以外にも使われる例がある(例:パッケージソフト[[Siebel]]において自社製品の部品の一つの名称として使用している)。
 
また、[[X Window System]]用のデスクトップ環境[[GNOME]]では、パネル上で動く小さなプログラムをアプレットと呼んでいる。
匿名利用者