メインメニューを開く

差分

m
有人機を原型にして開発された機体であり、初期型のRQ-8Aはシュワイザー330が、改良型のMQ-8Bは[[:en:Sikorsky S-333|シュワイザー333]]が原型になっている。
 
== 機体の性能概要 ==
=== RQ-8A ===
[[ファイル:Fire Scout unmanned helicopter crop.jpg|thumb|200px|「ナッシュビル」に着艦を行うRQ-8A]]
[[アメリカ海軍]]は[[RQ-2 パイオニア]]の退役後、その後継となる第2世代の[[無人航空機]]を探し始めた。海軍がRQ-2の後継機に求めたスペックは[[垂直離着陸機]]であり、90kgの[[ペイロード (航空宇宙)|ペイロード]]、200kmの[[航続距離]]、高度6kmで3時間の滞空能力、風速46km/h(29mph)の条件下で[[軍艦|艦艇]]に着艦する能力および整備間隔が190飛行時間であることだった。
 
このコンペディションには[[ベル・ヘリコプター]]社、[[シコルスキー・エアクラフト]]社、そして、テレダイン・ライアン社({{仮リンク|ライアン・エアロノーティカル|en|Ryan Aeronautical}}社)とシュワイザー・エアクラフト社協力の3案が参加して行われ、[[2000年]]夏にライアン・エアロノーティカル社の案が選定された。
 
選定後にRQ-8A ファイアスカウトと命名されたこの機体はシュワイザー社製の有人[[ヘリコプター]]を元に、艦船で安全に保管できる[[ジェット燃料#軍用規格|JP-5]]と[[JP-8]]を[[燃料]]とする[[ロールス・ロイス・ホールディングス#アリソン・エンジン社の買収|ロールスロイス・]][[アリソン 250|アリソン250-C20]] [[ガスタービンエンジン]]を搭載して無人化したもので、[[プロトタイプ|試作機]]は[[2000年]]1月に自立飛行を成功させていた。
13,535

回編集