「昭和元禄落語心中」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
=== 『与太郎放浪篇』の主な登場人物 ===
; 与太郎 (よたろう)
: 声 - [[関智一]]
: 主人公の元チンピラ。通称は「与太(ヨタ)」「ヨタちゃん」「ヨタさん」など。本名は'''強次'''(きょうじ)。
: 入門後はしばらく師匠・八雲から稽古をつけてもらえない日々が続く一方、小夏が肌身離さず持っていた彼女の亡父・二代目助六のネタ帳やレコードから二代目助六と自身との気質の近しさを感じ、小夏の教えも受けつつその芸風を取り入れる。結果的にこれが'''三代目助六'''襲名のきっかけとなる。
: 年齢は入門直後で22歳(『与太郎放浪篇 其の三』より)。
; 八代目 有楽亭 八雲 (ゆうらくてい やくも)
: 声 - [[石田彰]]
: 「昭和最後の大名人」と称される人気落語家。住所にちなんで「[[向島_(墨田区)|向島]]のお師匠」とも。
: 常に仏頂面で、常に杖をついている。繊細かつ神経質な性格で芸事や礼儀作法には人一倍厳しく、辛辣で嫌味な物言いを多用する面を持つ一方、客人に対しては場面相応の愛想を欠かすことはない。弟子を取らないことで有名であったが、何かの気まぐれで与太郎を弟子に迎え入れる。
: 芸風は[[古典落語]]一筋で、[[艶笑噺]]や[[廓噺]]、[[怪談噺]]を得意とし、殊に登場する女性の描写においては同業者をして「惚れてしまう」と言わしめるほど。一方で明るく声を張るような陽気な噺は得意ではないとしている。歌や踊り、三味線といった落語以外の芸にも一通り精通しており、与太郎にもその稽古をつけている。
; 小夏 (こなつ)
: 声 - [[小林ゆう]]
: かつて稀代の天才と謳われながら早逝した落語家・二代目助六のひとり娘。両親を失い、父の兄弟弟子だった八雲の養女となる。
 
=== 『八雲と助六篇』の主な登場人物 ===
; 菊比古 (きくひこ)
: 声 - [[石田彰]]、[[小林沙苗]](幼少時)
: '''八代目八雲'''の前座・二つ目時代の名前。真打昇進後も暫くは菊比古を名乗っていたが、二代目助六の死去後に八雲を襲名。通称は「菊」「菊さん」などで、兄弟弟子の二代目助六からは「坊(ボン)」と呼ばれる。
: 幼少の頃から常に仏頂面で、右足が不自由な為に外では杖が手放せない。芸者の家に生まれ、男子ながら踊り子の修行をしていたところ足の怪我でこれを断念、母親が世話になっていたという七代目八雲に引き取られる形で実家を追い出された。望まない形での入門となった落語には当初興味を持てなかったが、生来芸事が好きであったことと、後述の兄弟弟子・初太郎(二代目助六)の落語に惹きつけられ落語を続けていく。
: 二つ目昇進後は師匠の下を離れ、助六と二人暮らしを始める。生真面目で考え過ぎる性格が災いして客との距離感がつかめず、天才肌の助六に大きく水を空けられ悩んでいたが、落語二つ目だけで演じた鹿芝居(若手落語家による芝居<ref group="注">鹿は噺家(はなしか)の「しか」のもじり</ref>)「[[青砥稿花紅彩画|弁天娘女男白浪]]」では[[女形]](弁天小僧)を演じて観客の喝采を浴び、これをきっかけに自身の芸風を確立する。
<!-- : 終戦後に成人を迎えていることから、生年は[[大正]]末~[[昭和]]初年前後と思われる。 独自研究をコメントアウト -->
; 初太郎(はつたろう) / 二代目 有楽亭 助六(ゆうらくてい すけろく)
: 声 - [[山寺宏一]]、[[立川こはる]](幼少時)
: 入門のきっかけは菊比古とは対照的で、自ら「八雲」の名跡が欲しいと七代目に入門を志願した。幼少の頃から[[寄せ場]]で育った天涯孤独の身だったが、そこで親代わりだった初代助六(後述)が毎日のように落語を聞かせていた影響から、入門の時点で既にいくつかの落語を諳んじることが出来るほどであり、また入門後も菊比古と違って学業などはせず落語漬けの毎日を送ってメキメキと才能を伸ばし、菊比古からは憧れと嫉妬の入り混じった感情を抱かれるほどであった。
: 落語を生き残らせるためには伝統を守ると同時に変化を受け入れることも必要だと感じ、伝統を守る役目は菊比古のような落語家が担うべきだとして自身は世情に合わせて変化する新たな落語を志すが、師匠・八雲にとって因縁深い「助六」であったこともありその姿勢が師匠に認められず、口論の末に破門される。
; 七代目 有楽亭 八雲 (ゆうらくてい やくも)
: 声 - [[家中宏]]
: 菊比古と初太郎(二代目助六)の師匠。邸宅の場所は[[神楽坂]]。
: 十八番は「[[子別れ]]」。古典や落語界の格式や和を重んじる一方で、慰問先で出会ったみよ吉を愛人にするなど決して真面目一徹ではない一面も垣間見える。
: 助六破門後、菊比古との親子会での一席の後に倒れ、病床で自身と初代助六の因縁を菊比古に語った後に亡くなる。「有楽亭八雲」は作中の落語界においては有楽亭[[宗家]]の名であり、初代は[[寛政]]年間の人とされ、代々名人ばかりが継いできた大名跡である。七代目は六代目八雲の実子で、六代目によって八雲の名はさらに高まったが、七代目はそれを継いだ後に大名跡の重圧に悩んできた旨も明かし、自分には背負いきれなかったと悔いている。
; みよ吉 (みよきち)
: 声 - [[林原めぐみ]]
: 小夏の母で元[[芸者]]。本名は百合絵(ゆりえ)。年齢は菊比古・二代目助六の5歳上。
: 七代目八雲が満州で出会った当時は[[娼婦]]をしていて、彼の愛人となって内地に戻り、彼から[[向島 (墨田区)|向島]]の置屋での芸者仕事を紹介されている。歌舞伎観劇で知り合った菊比古を気に入り恋仲となるが、菊比古から師匠の命令で悲痛な心境で別れを告げられる。その後当てつけのように、師匠から破門され傷心となっていた二代目助六との同棲を始め妊娠。置屋の売上を持ち逃げした上で、2人で故郷である四国にやってくるが、やがて働きもしない夫に愛想を尽かせて家を出ていく。
; 小夏 (こなつ)
: 声 - [[小林ゆう]]
: 二代目助六の娘。働かない父親に代わって、子供ながら蕎麦屋で素人落語を披露するなどしていた。
 
=== 『助六再び篇』の主な登場人物 ===
; 三代目 有楽亭 助六 (ゆうらくてい  すけろく)
: 与太郎が『助六再び篇』の冒頭で真打に昇進し、同時に三代目助六を襲名。ボサボサだった髪もこれに合わせ角刈りにしている。しかし相変わらず前座・二つ目時代の名前「与太郎」にちなんだ通称「与太(ヨタ)」と呼ばれる機会も多い。
: 「テレビで見ない日はない」と言われる程の人気落語家に成長したにも関わらず、寄席に積極的に出演したり大師匠衆への気配りを忘れなかったりと、落語への真摯な姿勢は崩さない。
; 八代目 有楽亭 八雲 (ゆうらくてい やくも)
: 落語協会会長も務める「落語界の重鎮」。自身の芸に衰えを感じつつも頑なに変化を拒み、落語と共に心中するつもりでいた心境が、三代目助六や信乃助、樋口などの登場により揺れ動きを見せる。
; 小夏 (こなつ)
: 三代目助六と夫婦になる。出産を機に勤めていた料亭を辞め、長男・信乃助の成長後は寄席で出囃子を務める。
; 信乃助 (しんのすけ)
: 三代目助六と小夏の長男(生物学的な父が誰かは不明)。名前の「信」の字は祖父・二代目助六の本名と共通し、髪型も祖父譲り。愛嬌があって、寄席の楽屋や周辺地域などの大人たちから可愛がられている。
; 樋口 栄助 (ひぐち えいすけ)
: 人気作家。三代目助六のご贔屓筋。芸者衆の通称は「ひーさん」。落語に深く精通している。
: 学生時代、資産家の長男に生まれた重圧から逃げるように八代目八雲(当時・菊比古)に弟子入りを志願するも断られた経歴を持つ。
*#* DVD付き 特装版 ISBN 978-4-06-358744-9
*# 2015年8月7日発売 ISBN 978-4-06-380788-2
*# [[2016年]]2月5日発売 ISBN 978-4-06-380832-2
*# 2016年[[9月7日]]発売 ISBN 978-4-06-380876-6
*#* 小冊子つき特装版 ISBN 978-4-06-362340-6
* 雲田はるこ・監修:ITAN編集部 『昭和元禄落語心中 アニメ公式ガイドブック』 講談社〈KCデラックス BE LOVE〉
*# 2015年12月11日発売 ISBN 978-4-06-377392-7
|次番組= [[マギ (漫画)|マギ シンドバッドの冒険]]
|2前番組= [[ハイキュー!!|ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園]]
|2番組名= 昭和元禄落語心中 助六再び編
}}
 
{{DEFAULTSORT:しようわけんろくらくこしんしゆう}}
{{リダイレクトの所属カテゴリ
|redirect1= 昭和元禄落語心中 助六再び篇
|1-1= 2017年のテレビアニメ
|1-2= 毎日放送の深夜アニメ