「ヘリウム」の版間の差分

→‎産出と利用: 文字が1文字多いので削除
(論文執筆者名を補う)
(→‎産出と利用: 文字が1文字多いので削除)
[[2012年]]には、世界的なヘリウム供給不足が発生した。原因は、アメリカでの設備トラブル、新興国での需要増などが考えられている<ref>[http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000m020055000c.html ヘリウムガス:供給不足で風船販売中止 産業に影響拡大も(毎日新聞 2012年12月24日)]{{リンク切れ|date=2013年9月}}</ref><ref>[https://archive.is/20130423074319/zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121225-00029831-diamond-bus_all 産業ガス最大手の大陽日酸がロシア国営と提携背景にディズニーから風船を奪った世界的ヘリウム不足]{{リンク切れ|date=2013年9月}}</ref><ref>[https://archive.is/20130423085630/www.nhk.or.jp/bizplus/history/2012/11/detail20121127.html 深刻 ヘリウム不足 風船販売店は|NHK Bizプラス]{{リンク切れ|date=2013年9月}}</ref>。このため、[[東京ディズニーリゾート]]では2012年[[11月21日]]からパーク内でのヘリウム風船の販売を休止した<ref>[http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/rguide/shop.html 東京ディズニーリゾート 【バルーン販売休止のお知らせ】]</ref>。
 
[[2013年]]12月、[[カタール]]の[[ラスガス]]が世界最大級の年産3,680万立方メートルの生産設備を稼動させた<ref>{{Cite web|date=2013-12-11 |url=http://www.rasgas.com/media/press_he2inauguration.html|title=Qatar’s Helium 2 Plant Officially Inaugurated|publisher=RasGas|accessdate=2014-11-12}}</ref>。
 
日本は全量を輸入に頼っているが、[[財務省]]の貿易統計では近年の日本の輸入量は年間2,000トン前後。2012年、2013年にはアメリカの生産減で品不足となったが、これを補うために[[カタール]]ほかからの輸入が増えている。2013年は全輸入量1,902トン中、米国からが1,747トン (シェア 91.8 %)、カタールからが121トン (6.4 %)、その他からが34トン (2.8 %) であったが、2014年に入りカタールのシェアが急増している<ref>化学工業日報社、「ヘリウム輸入米国品のシェア低下」『化学工業日報』2014年11月12日p1、東京、化学工業日報社。</ref>。
匿名利用者