「放射性同位体」の版間の差分

リンク追加
(リンク追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{出典の明記|date=2011年4月}}
'''放射性同位体'''(ほうしゃせいどういたい、{{lang-en-short|radioisotope}}、RI)<ref>'''ラジオアイソトープ'''([[英語]]:radioisotope、またはradioactive isotope)や'''放射性核種'''(ほうしゃせいかくしゅ、[[英語]]:radionuclide)、'''放射性同位元素'''とも呼ばれる。<br />
</ref><ref>意味としては正しくないが、放射線治療や核医学の現場では'''アイソトープ'''とも呼ばれることがある。</ref>とは、ある[[元素]]の[[同位体]]で、その核種の不安定性から[[放射線]]を放出して[[放射性崩壊]]を起こす能力([[放射能]])を持つ元素を言う<ref>より正確には、[[安定同位体]]の存在する[[元素]]の放射性核種の事のみを言い、同位体が全て放射能をもつ場合放射性同位元素などというのだが、実質上同義語として用いられている[[#理化学辞典|理化学辞典]]項目「放射性同位体」より</ref>。
 
== 概要 ==
同じ元素で[[中性子]]の数が違う核種の関係を[[同位体]]と呼ぶ。同位体は安定なものと不安定なものがあり、不安定なものは時間とともに放射性崩壊して[[放射線]]を発する。崩壊する確率は放射性同位体によって異なる[[崩壊定数]]に比例し、崩壊定数が大きいほど高い確率で崩壊する。これが'''放射性同位体'''である。放射性同位体の例としては、[[三重水素|水素3]]、[[炭素14]]、[[カリウム40]]、[[ヨウ素131]]、[[プルトニウム239]]などがあげられる。