「労働基準」の版間の差分

独自研究、出典の明記のテンプレートを削除、法令テンプレートの追加
(全体的修正)
(独自研究、出典の明記のテンプレートを削除、法令テンプレートの追加)
'''労働基準'''(ろうどうきじゅん)とは、労働者を保護するための労働関係に関する最低基準。狭義には、個別的労働関係における最低労働条件を指すが、広義には、集団的労働関係、職業安定、職業能力開発、社会保障、立法、行政機構等に関する基準も含まれる。本項では、主として狭義の労働基準について解説する。労働基準には、各国が法令で定めたもののほか、国際労働機関が条約又は勧告として定めた国際労働基準などがある<ref name="財団法人日本ILO協会1999-講座ILO(国際労働機関)―社会正義の実現をめざして―上巻">{{cite book|和書
{{独自研究|date=2016年2月23日 (火) 23:39 (UTC)}}
|title = 講座ILO(国際労働機関)―社会正義の実現をめざして―上巻
{{No footnotes|date=2016年3月}}
|author = 財団法人日本ILO協会
 
|year = 1999
'''労働基準'''(ろうどうきじゅん)とは、労働者を保護するための労働関係に関する最低基準。狭義には、個別的労働関係における最低労働条件を指すが、広義には、集団的労働関係、職業安定、職業能力開発、社会保障、立法、行政機構等に関する基準も含まれる。本項では、主として狭義の労働基準について解説する。労働基準には、各国が法令で定めたもののほか、国際労働機関が条約又は勧告として定めた国際労働基準などがある。
|pages = 113-114
|publisher = 財団法人日本ILO協会
}}</ref>。
 
==日本の労働基準==
{{law|section1}}
現代の[[日本]]の労働基準は、法令によって、労働者、使用者又は事業者の権利義務として定められ(ただし、[[労働者派遣]]においては、[[労働者派遣法]]の定めるところにより、使用者及び事業者たる派遣元事業者に課せられた義務の一部が派遣先事業者に委譲される)、その履行確保は、労使当事者の努力はもとより、[[強行法規|民事的強行法規性]]、違反者に対する刑事罰、監督機関による[[行政警察活動|行政監督]]<ref name="厚生労働省労働基準局2011-労働法コンメンタール③労働基準法 上">{{cite book|和書
|title = 労働法コンメンタール③ 労働基準法 上