「江戸四大飢饉」の版間の差分

m
編集の要約なし
(特に、この部分だけ取り消す理由ない。219.57.131.128 (会話) による ID:54167850 の版を取り消し)
m
|-
| style="white-space:nowrap;" |[[寛永の大飢饉]]
| style="text-align:right; white-space:nowrap;" |[[寛永]]19年([[1642年]])<br />-寛永20年([[1643年]])
|全国(特に[[東日本]][[裏日本|日本海側]]の被害が大)
|[[徳川家光]]
|-
|[[天明の大飢饉]]
| style="text-align:right;" |[[天明]]2年([[1782年]])<br />-天明7年([[1787年]])
|全国(特に[[東北地方]])
|[[徳川家治]]
|-
|[[天保の大飢饉]]
| style="text-align:right;" |[[天保]]4年([[1833年]])<br />-天保10年([[1839年]])
|全国(特に東北、[[陸奥国]]・[[出羽国]])
|[[徳川家斉]]<br />[[徳川家慶]]
|}
 
ただ寛永の大飢饉を除いて'''江戸三大飢饉'''と呼ばれる場合も多い。{{誰範囲|また三大飢饉とは別個に寛永の大飢饉とこれに[[元和 (日本)|元和]]5年([[1619年]])・[[延宝]]3年([[1675年]])・延宝8年([[1680年]])の飢饉を加えた4つを「近世前期における4大飢饉」として取り上げる見方もある。|date=2016年9月}}
 
上記のうち、最大規模の飢饉は「天明の大飢饉」である。その他、[[元禄の飢饉]]([[元禄]]年間 [[1691年]]-[[1695年]])、[[宝暦の飢饉]]([[宝暦]]年間 [[1753年]]-[[1757年]])なども[[東北地方]]を中心に被害をもたらし、四大飢饉に次ぐ飢饉として挙げられる。{{誰範囲2|東北地方の専門家は天明・天保の飢饉に宝暦の飢饉を加えて三大飢饉と呼ぶこともある。|date=2016年9月}}また[[延宝の飢饉]]([[延宝]]年間 [[1674年]]-[[1675年]])、[[天和の飢饉]]([[天和 (日本)|天和]]年間 [[1682年]]-[[1683年]])も被害が大きかったという。
 
江戸時代は全期を通じて寒冷な時代であったといい、凶作や飢饉が絶えなかった。
12,073

回編集