「秦野市観光協会」の版間の差分

(削除依頼終了、存続)
協会の位置付けは市の観光行政を補完する任意団体であり、設立以降、会長を市長が兼務するほか、要職を市職員が務めていた{{efn|昭和30年代の改選では実際に会長を市長が兼務している<ref>「市観光協会新役員決定 新会長 加藤市長就任 規約の一部改正も」『市政はだの』第28号、秦野市役所、1963年1月。</ref>。}}。しかし市長の[[古谷義幸]]が会長職を民間に譲りたいとの意向を表明、2007年5月には民間から公募した会長が就任した<ref>『毎日新聞』2007年5月17日付26面(神奈川)。</ref>。これを機に協会を市から独立させる動きが進められ、2007年12月にはそれまで市庁舎内にあった事務所が市の敷地に出店したファミリーマートの店内に移された。2009年7月には任意団体から一般社団法人に移行した<ref>[http://www.kanaloco.jp/article/49288 秦野市観光協会が集客へ企画続々、自主財源確保に成果も]</ref>。法人格の取得で多様な事業展開が可能となったことから、2009年10月には秦野のPRキャラクター「丹沢はだの三兄弟」の次男、のぼる君が店主という名目で、協会直営のネットショップを開設した<ref>「人気の次男「のぼる君」ネットで起業 秦野のPRキャラ HPで名産品紹介」『朝日新聞』2009年(平成21年)10月16日付朝刊31面(さがみ野)。</ref><ref>「[http://www.kankou-hadano.org/hadano_sanpo/backnumber/hadanosanpo23.pdf 丹沢のぼる商店]」『秦野さんぽ』第23号(春夏号)、秦野市観光協会、2010年。※ページ番号なし、表紙から3枚目に掲載。</ref>。取り組みが評価され、2012年には県主催の「第3回かながわ観光大賞」で審査委員特別賞に選ばれた<ref>「カップヌードルミュージアム グランプリを受賞 かながわ観光大賞」『日本経済新聞』2012年(平成24年)12月15日付地方経済面(神奈川)</ref>。
 
[[2015年]]([[平成]]27年)[[9月22日]]に[[小田急電鉄]][[秦野駅]]構内に観光案内所を移設、市内のイベントや登山関連の情報、観光情報などを案内している<ref name="hadanoeki" /><ref>澤晴夫「[http://mainichi.jp/articles/20150923/ddl/k14/040/154000c 観光案内所 秦野駅に開設 26、27日「たばこ祭」前に]」『毎日新聞』2015年(平成27年)9月23日付24面(神奈川)。</ref><ref>「[http://www.kanaloco.jp/article/123047 秦野駅に観光案内所オープン]」『神奈川新聞』2015年9月22日付17面。</ref><ref>[http://www.townnews.co.jp/0610/2015/09/25/300969.html 秦野駅に観光案内所]</ref><ref>[http://www.townnews.co.jp/0610/i/2016/02/20/321345.html 秦野駅前観光案内所 5カ月。英語やスペイン語4千件以上対応 インバウンドが可能ど課題も]</ref>。スタッフのほか、都内のホテル不足で中国人観光客が宿泊場所を求めて秦野市を訪れる例が目立つことから、これらの観光客を地元観光に誘導するため、観光案内所には在日中国人学生採用している<ref>「[http://www.kanaloco.jp/article/138664 大山観光に外国人呼び込め]」『神奈川新聞』2015年12月7日付21面。</ref>。この観光案内所は、開設後約5箇月間で4000件を超える対応実績をあげている<ref>[http://www.townnews.co.jp/0610/i/2016/02/20/321345.html 秦野駅前観光案内所 5カ月で4千件以上対応 インバウンドなど課題も]</ref>。
 
== 観光協会が管理している場所 ==