「国鉄31系電車」の版間の差分

m (Bot: <br style="clear: left;" /> → {{clear|left}} ∵Tag with incorrect/obsolete syntax: Check Wikipedia #2)
 
=== サハ39形 ===
'''サハ39形'''は、30系のサハ3736形の後継となる三等付随車で、1931年度に29両が製造された。そのため、本形式の台枠は溝形のUF26、台車は軸バネ式のTR23、車体はリベットの少ないタイプである。窓配置は2D22D22D2。製造状況は次のとおりである。
 
* 1931年度(29両)
匿名利用者