「シク王国」の版間の差分

意味の通じない箇所を修正、削除
(意味の通じない箇所を修正、削除)
'''シク王国'''(シクおうこく、[[1801年]] - [[1849年]])は、[[パンジャーブ地方]]など[[インド]]北西部を支配した[[シク教]]の王朝。
 
__TOC__
{{clear}}
== 歴史 ==
=== 成立に至るまで ===
その跡を継いだ息子の第10代グル・[[ゴーヴィンド・シング]]はその復讐を唱えて、ムガル帝国と本格的に軍事衝突した。その一方で嬰児殺害や巡礼参拝などを廃止して、禁酒・禁煙制を定めるなど組織の強化を図った。
 
[[1707年]]にゴーヴィンド・シング帝国のはムガル皇帝[[バハードゥル・シャー1世]]に帰順したが、デカンへの遠征への最中に[[アフガン人]]に暗殺された。彼の息子はムガル帝国との戦役で死んでいたため、遺言によりこの後は聖典がグルとされることになった。
 
==== ミスルの形成とアフガン軍の侵攻 ====
さらには、[[1740年]]以降、アフガン勢力[[ドゥッラーニー朝]]の王[[アフマド・シャー・ドゥッラーニー]]が北インド一帯に遠征し、破壊や略奪によりパンジャーブ一帯は混乱に陥った<ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.228</ref>。
 
そうした中でも、[[1764年]]にシク教徒はムガル帝国から宣言し、この過程でシク教徒の軍団は12のミスルに分かれ、それらのシク首長は各地に城塞を築き、事実上パンジャーブを支配した。
 
だが18世紀末になると、ミスル間で対立が起こり、[[1798年]][[11月]]にはアフガン勢力がパンジャーブに侵入し、ラホールなどを占拠し、拠点たるアムリトサルにまで迫った<ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.283</ref><ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.246</ref>。