「気団」の版間の差分

[[ファイル:Centros de acción sobre España.svg|thumb|right|200px|スペインの気候に影響を与える6つの気団]]
日本周辺の気団は、[[1935年]]に[[荒川秀俊]]がベルシェロンの定義・分類法を導入したことにより、分類がなされた<ref name="mh"/>。            
* [[オホーツク海気団]] - [[梅雨]]前線や[[秋雨]]前線の発生の一因となる気団。低温湿潤(寒帯海洋性気団)、mPk。
* [[揚子江気団]] - 春と秋に、この気団の勢力が日本列島に及ぶと、さわやかな晴天になる。温暖乾燥(熱帯大陸性気団)、cT。
* [[小笠原気団]] - 蒸し暑い夏の主要因である気団。温暖湿潤(熱帯海洋性気団)、mTw。
* [[赤道気団]] - [[熱帯低気圧]](台風)を発生させる気団。高温多湿(赤道海洋性気団)、mE
* [[シベリア気団]] - 日本海側に大雪を降らせる原因の気団。低温乾燥(寒帯大陸性気団)、cPk。                                          [[ファイル:Air_masses.svg|thumb|200px|世界の気団分布図]]
 
== 脚注 ==
匿名利用者