「ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
|署名サイズ =120px
}}
'''ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール'''(''Louis Jacques Mandé Daguerre'' 、[[1787年]][[11月18日]] - [[1851年]][[7月10日]])は、[[フランス]]の[[画家]]、[[写真家]]。史上初めて実用的な[[写真]]技術を完成した人物として知られる。また優れた画家であり、ジオラマ劇場の開発者である。
 
写真の研究を行う前は、[[パリ]]で舞台背景画家・[[パノラマ]]画家・[[ジオラマ]]作家として活躍していた。
 
==生涯==
同じ画家で先に写真研究を開始していた[[ニセフォール・ニエプス]]とともにカメラの研究を開始。ニエプスは[[1826年]]に最初の写真術である[[ヘリオグラフィー]]を発明し、世界最初の写真を残しているが、その露光時間は8時間程度を要するもので、到底一般的な実用に耐える技術ではなかった。
 
ダゲールはフランスのコルメイユ=ザン=パリジ、バルドアーズで生まれた。彼はフランス初のパノラマ画家である{{仮リンク|ピエール・プレボ|en|Pierre Prévost}}に弟子入りし、建築、劇場の設計、およびパノラマ絵画を学んだ。彼は劇場にイリュージョンを作り出す技術に長け、演劇の有名デザイナーとして活躍した後、1822年7月パリに自分が発明したジオラマ劇場を開設した。
 
同じ画家で1829年、先に写真術の研究を開始していた発明家[[ニセフォール・ニエプス]]とともにカメラ共同し、その改良方法の研究をめた。ニエプスは[[1826年]]に最初の写真術である[[ヘリオグラフィー]]を発明し、世界最初の写真を残しているが、その露光時間は8時間程度を要するもので、到底一般的な実用に耐える技術ではなかった。
 
ダゲールはニエプスの死後も研究を続け、[[1839年]]に[[ダゲレオタイプ|銀板写真]]法を発表した。このカメラは発明者の名前をとって[[ダゲレオタイプ]]と呼ばれ、露光時間を10-20分から最終的には1-2分にまで抑えることに成功し、肖像写真の撮影も容易なものとなった。
 
ダゲールによるダゲレオタイプは、一般の人々でも制作可能な設備・装置、現実的範囲の撮影所要時間と、撮影した映像の定着保存技術をすべて実現させたことで、実用的な写真法の端緒となった。ダゲールは当時のフランスを代表する科学者[[フランソワ・アラゴ]]に新たな写真技術への推薦を求めたところ、アラゴはその有益なことを認めてこれをフランス政府に推挙した。フランス政府は公益のため、ダゲールへ補償として終身[[年金]]を支給することで、写真技術を一般に公開した。その結果、銀板写真法は19世紀中期、世界中で急速に普及することになった。
 
1851年7月10日、ダゲールはパリから12km離れたシュールマルヌで死亡し、彼の墓もそこに建てられた。ダゲールの名前は、72名のうちの一つとして[[エッフェル塔]]に刻まれている。
 
== 作品 ==
47

回編集