「舌切り雀」の版間の差分

m
Bot: </br> → <br /> ∵Tag with incorrect/obsolete syntax: Check Wikipedia #2
(WP:NOTADVERTISING Wikipediaは商品を宣伝する場ではありません。 118.243.42.79 (会話) による ID:60042999 の版を取り消し)
m (Bot: </br> → <br /> ∵Tag with incorrect/obsolete syntax: Check Wikipedia #2)
 
== あらすじ ==
むかしむかしあるところに心優しいお爺さんと欲張りなお婆さんの老夫婦がいた。ある日、お爺さんは怪我をしていた[[スズメ|雀]]を家に連れ帰って手当てをした。山に帰そうとしたが雀はお爺さんにたいそう懐き、お爺さんも雀に情が移り、名をつけて可愛がることにした。しかし、雀を愛でるお爺さんの様子をお婆さんは面白くなく思っていた。</br />お爺さんが出掛けたある日、お婆さんが井戸端で障子の張り替えに使うために作った[[接着剤#デンプン系接着剤|糊]](続飯)を雀は食べてしまった。怒ったお婆さんは「悪さをしたのはこの舌か」と雀の舌をハサミで切ってしまい、どこにでも行ってしまえと外に放ってしまう。そのことを聞いたお爺さんは雀を心配して山に探しに行くと、藪の奥に雀たちのお宿があり、中からあの雀が出てきてお爺さんを招き入れてくれた。</br />雀は、お婆さんの糊を勝手に食べてしまったことを詫び、怪我をした自分を心配して探しに来てくれたお爺さんの優しさに感謝を伝えた。そして仲間の雀たちとたいへんなご馳走を用意してくれ、歌や踊りで時が経つのを忘れるほどもてなしてくれた。帰りには[[お土産]]として大小2つの[[つづら]]が用意されていた。お爺さんは、自分は年寄りなので小さい方のつづらで十分と伝え、小さなつづらを背負わせてもらい雀のお宿をあとにする。家に帰り中を見てみると[[金]]や[[銀]]、[[サンゴ#宝石サンゴ|サンゴ]]、[[如意宝珠|宝珠]]の玉や[[小判]]が詰まっていた。欲張りなお婆さんは、大きなつづらにはもっとたくさん宝物が入っているに違いないと、雀のお宿に押しかけ、大きい方を強引に受け取る。雀たちから「家に着くまでは開けてはならない」と言われたが、待ち切れずに帰り道で開けてみると中から[[魑魅魍魎]]や[[虫]]や[[蛇]]が溢れるように現れ、お婆さんは腰を抜かし気絶してしまう([[魑魅魍魎]]に食い殺されてしまう、又は妖怪から命からがら逃げ切り改心するという説もあり。また、お婆さんは約束を守り自分からつづらを開けなかったが、手を離した瞬間に自然につづらが開いてしまったとする説もある。)。その話を聞いたお爺さんは、お婆さんに「無慈悲な行いをしたり、欲張るものではない」と諭した。
 
==原典・類話==
125,305

回編集