「新日本製鐵釜石硬式野球部」の版間の差分

編集の要約なし
{{社会人野球チーム
|ページ名 = 新日本製鐵釜石硬式野球部
|チーム名(通称) = 新日鐵釜石、富士鐵釜石
|加盟団体 = [[日本野球連盟]]
|加盟区分 = 企業チーム
|創部 = [[1932年]]
|チーム名の遍歴 = 釜石鉱山硬式野球部(1932年 - 1933年)<br/>→日本製鐵釜石硬式野球部(1933年 - 1950年)<br/>→富士製鐵釜石硬式野球部(1950年 - 1970年)<br/>→新日本製鐵釜石硬式野球部(1970年 - 1988年)
|廃部 = [[1988年]]
|本拠地自治体 = [[岩手県]][[釜石市]]
|チーム名の遍歴 = <nowiki></nowiki>
|練習グラウンド =
* 釜石鉱山 (1932 - 1933)
|チームカラー =
* 日本製鐵釜石 (1934 - 1950)
|監督 =
* 富士製鐵釜石 (1950 - 1969)
|都市対抗出場回数 = 18回
* [[新日本製鐵堺硬式野球部]]釜石 (1970 - 1988)
|都市対抗最近の出場 = 1987年
|本拠地自治体 = [[岩手県]][[釜石市]]
|都市対抗最高成績 = 準優勝
|練習グラウンド =
|日本選手権出場回数 = 5回
|チームカラー =
|日本選手権最近の出場 = 1986年
|監督 =
|日本選手権最高成績 = 2回戦
|クラブ選手権都市対抗出場回数 = ※出場資格なし = 18回
|都市対抗最近の出場回数 = 18回1987年
|都市対抗最高成績 = 準優勝
|日本選手権出場回数 = 5回
|都市対抗日本選手権最近の出場 = 19871986
|日本選手権最近の出場高成績 = 1986年 = 2回戦
|クラブ選手権出場回数 = ※出場資格なし
|クラブ選手権最近の出場 =
|クラブ選手権最高成績 =
}}
'''新日本製鐵釜石硬式野球部'''(しんにほんせいてつかまいしこうしきやきゅうぶ)は、[[岩手県]][[釜石市]]に本拠地を置き、[[日本野球連盟]]に所属加盟していた[[社会人野球]]の企業チームである。
 
== 概要 ==
{{by|1932年}}、[[釜石鉱山株式会社の[[新日本製鐵]]が『'''釜石製鐵所|釜石製鐵所]]の[[硬式野球|鉱山硬式野球部]]'''』として創<ref name="yomiuri_19881130">読売新聞、1988年11月30日付朝刊、P.19</ref>。[[日本製鐵]]となった後の{{by|1938年}}に、[[都市対抗野球大会 (岩手県勢)|岩手県勢]]として初めて[[第12回都市対抗野球大会|都市対抗]]に出場した
 
{{by|1934年}}[[1月]]、母体である釜石鉱山を含む1所5社が合併し[[日本製鐵]]が誕生し、釜石鉱山は[[新日本製鐵釜石製鐵所|日本製鐵釜石製鉄所]]となり、チーム名を『'''日本製鐵釜石硬式野球部'''』に改称した。{{by|1938年}}に、[[都市対抗野球大会 (岩手県勢)|岩手県勢]]として初めて[[第12回都市対抗野球大会|都市対抗野球]]に出場した。
[[富士製鐵]]釜石時代の{{by|1959年}}には、[[水沢駒形野球倶楽部]]から補強した[[岩本義行]]の活躍もあって[[第30回都市対抗野球大会|都市対抗]]で準優勝を果たしている<ref>読売新聞、1997年12月11日付朝刊、P.21</ref>。当時は、「東北の暴れん坊」という異名を持っていた<ref>読売新聞、2006年3月16日付朝刊、岩手地方面</ref>。[[1989年]]3月に釜石製鐵所の[[高炉]]を閉鎖するのに伴い、合理化の一環として[[1988年]]11月30日をもって釜石野球部は休部となった<ref name="yomiuri_19881130"/>。野球を続けることを希望した部員は[[新日鐵住金かずさマジック|君津野球部]]、[[新日鐵住金東海REX|名古屋野球部]]などに移籍している。
 
{{by|1950年}}[[4月]]、日本製鐵の財閥解体に伴って後継会社3社とともに[[富士製鐵]]が発足したため、チーム名を『'''富士製鐵釜石硬式野球部'''』に改称した。{{by|1959年}}には、[[水沢駒形野球倶楽部]]から補強した[[岩本義行]]の活躍もあって[[第30回都市対抗野球大会|都市対抗野球]]で準優勝を果たしている<ref>読売新聞、1997年12月11日付朝刊、P.21</ref>。当時は、「東北の暴れん坊」という異名を持っていた<ref>読売新聞、2006年3月16日付朝刊、岩手地方面</ref>。
 
{{by|1970年}}[[3月]]、母体である富士製鉄と[[八幡製鐵]]が合併し[[新日本製鐵]]が発足したため、チーム名を『'''新日本製鐵釜石硬式野球部'''』に改称した。{{by|1977年}}には、[[第4回社会人野球日本選手権大会|日本選手権]]に初出場を果たした。
 
[[富士製鐵]]釜石時代の{{by|19591988年}}には{{by|1989年}}[[水沢駒形野球倶楽部]]から補強した[[岩本義行]]の活躍もあって[[第30回都市対抗野球大会|都市対抗]]で準優勝を果たしている<ref>読売新聞、1997年12月11日付朝刊、P.21</ref>。当時は、「東北の暴れん坊」という異名を持っていた<ref>読売新聞、2006年3月16日付朝刊、岩手地方面</ref>。[[1989年]]3月に釜石製鐵所の[[高炉]]を閉鎖するのに伴い、合理化の一環として同年[[1988年]]11月30日]]をもって釜石野球部は休部するこなった<ref name="yomiuri_19881130"/>。野球を続けることを希望した部員は[[新日鐵住金かずさマジック|君津野球部]]、[[新日鐵住金東海REX|名古屋野球部]]などに移籍している。
 
== 沿革 ==
* 1932年 - 『'''釜石鉱山硬式野球部'''』として創部
* 19331934- 母体の合体により、[[チーム名を『'''日本製鐵]]釜石硬式野球部となる'''』に改称
* 1938年 - [[第12回都市対抗野球大会|都市対抗野球大会]]初出場
* 1950年 - 母体の組織解体により、[[チーム名を『'''富士製鐵]]釜石硬式野球部となる'''』に改称
* 1959年 - [[第30回都市対抗野球大会|都市対抗野球大会]]で準優勝
* 1970年 - 母体の合併により、[[チーム名を『'''新日本製鐵]]釜石硬式野球部となる'''』に改称
* 1977年 - [[第4回社会人野球日本選手権大会|社会人野球日本選手権大会]]初出場
* 1988年 - 休部
 
== 主要大会の出場歴・最高成績 ==
* [[都市対抗野球大会|都市対抗]] - 出場18回
* [[社会人野球日本選手権大会|日本選手権]] - 出場5回
* [[JABA北海道大会|東日本選抜大会]] - 優勝3回(1955年、1956年)
* [[JABA東北大会]] - 優勝3回(1978年、1979年、1982年)
 
== 出身プロ野球選手 ==
* [[高島覚木時夫]]([[捕手]]) - [[1961年]]に[[中日ドラゴンズ]]→[[福岡ソフトバンクホークス|福岡ダイエーホークス]])に入団
* [[山田久志]](富士製鐵釜石時代に在籍、後に[[投手]]) - {{NPBドラフト|1968}}ドラフト1位で[[オリックス・バファローズ|阪急ブレーブス]]に入団
* [[高島覚]](投手) - [[1987年]]ドラフト外で[[中日ドラゴンズ]]に入団
* [[足利豊]](投手) - 休部に伴い[[新日鐵住金東海REX|新日本製鐵名古屋]]に移籍し、{{NPBドラフト|1990}}ドラフト5位で[[福岡ソフトバンクホークス|福岡ダイエーホークス]]に入団
 
== 脚注 ==
 
== 関連項目 ==
* [[社会人野球チーム一覧]]
* [[新日鐵住金釜石製鐵所]]
** [[新日鐵住金釜石サッカー部]]
** [[釜石シーウェイブス]](旧:新日本製鐵釜石ラグビー部)
* [[新日鐵住金室蘭シャーかずさマジッ]](旧:新日本製鐵君津)
* [[新日鐵住金かずさマジック東海REX]](旧:新日本製鐵名古屋)
* [[新日鐵住金東海REX広畑硬式野球部]](旧:新日本製鐵広畑)
* [[新日鐵住金大分クラブ]](旧:新日本製鐵大分)
* [[新日本製鐵堺硬式野球部]]
* [[室蘭シャークス]](旧:新日本製鐵室蘭)
* [[新日鐵住金広畑硬式野球部]]
* [[光シーガルズ]](旧:新日本製鐵光)
* [[新日本製鐵八幡硬式野球部]] - 1995年に廃部
* [[新日本製住金大分クラブ八幡硬式野球部]] - 2003年に廃部
 
{{Baseball-stub}}