「サイリ・トゥパック」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''サイリ・トゥパック'''(''Sayri Tupaq''、[[1545年]]-[[1560年]])は、新インカ帝国の首都である[[ビルカバンバ]](''Vilcabamba'')での名目上[[インカ帝国]]の[[サパ・インカ|皇帝]]である。父は[[マンコ・インカ・ユパンキ]](''Manku Inka Yupanki'')。弟に[[ティトゥ・クシ]](''Titu Cusi'')、[[トゥパク・アマル (初代)|トゥパック・アマル]](''Tupaq Amaru'')らがいる。[[1550年]]と[[1556年]]に条約を総督であるアンドレス・ウルタド・デ・メンドサ(''Andrés Hurtado de Mendoza'')と発効するようにした。[[1558年]]に、洗礼され、主権を諦めた後、ウルバンバ(''Urubamba'')、ユカイ(''Yukay'')谷等の場所に様々な土地をもらった。[[1561年]]に死去。
 
 
346

回編集