「悪冠一色」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[2003年]]に[[イタリアン・コネクション]]を脱退した[[近藤修司]]、[["brother"YASSHI]]に、一匹狼で活動していた[[大鷲透]]が共闘を呼び掛け合流。のちに[[高木省吾]]が加入。闘龍門の全ユニットに抗争を仕掛け、ルードユニットとしての活動を開始。この頃はまだ軍団名を名乗ろうとせず、マスコミやファンからは、'''はぐれ軍団(仮)'''と呼ばれていた。
 
[[2004年]]1月にヒールターンした[[望月成晃]]を迎えた際、その場でユニット名を'''悪冠一色'''と正式発表。その後、ロイヤルブラザーズだった[[菅原拓也]]に謀略を演じさせて招き入れ、総勢6名の大所帯ユニットとなる。悪冠一色は他のユニットと異なり、結成当初からリーダーを設けておらず、各メンバーが好き勝手に暴れる集団だった。だが徐々にメンバーが増え、今まで通りのやり方ではユニットが機能しないと考えた望月は「まとめ役」が必要だと主張。これに近藤が「あくまで悪冠にリーダーは必要ない」と反発しリーダー問題が勃発。近藤望月の間に亀裂が生じた結果、リーダーの座を賭けて両者が戦うこととなり、勝った望月がリーダーに就任する。敗れた近藤も望月を認め、リーダー問題は終焉したと思われた。だが、望月の思考に同調するメンバーは1人もおらず、望月はその翌日に悪冠一色を追放される。望月追放後は闘龍門~DRAGONJAPANからDRAGON GATEの極悪ルードとして活動するも、リング外の素行不良職務怠慢を理由に2004年末をもってメンバー全員が[[DRAGON GATE]]から解雇された。
 
[[2005年]]1月、悪冠一色は解散を発表。解雇後はメンバー各員、それぞれ新たな主戦場へと進んで行った。