「象嵌」の版間の差分

m
また金属ではなく、薄く削った貝殻をはめ込む技法は[[螺鈿]](らでん)と呼ばれる。「螺」は貝のことで、「鈿」は象嵌のことである。
 
また、様々な色調の木材をはめあわせて絵の板を作り、それを[[鉋|カンナ]]で薄く削り、和紙に貼り付けたものは、いわゆる「[[寄木細工]]」の技法のひとつで、'''木象嵌'''(もくぞうがん)と呼ばれる。{{see also|:en:Intarsia|:en:Marquetry}}
いわゆる「[[寄木細工]]」の技法のひとつで、'''木象嵌'''(もくぞうがん)と呼ばれる。{{see also|:en:Intarsia|:en:Marquetry}}
 
==関連項目==
29,293

回編集