「村井則夫」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''村井 則夫'''(むらい のりお、[[1962年]] - )は、[[日本]]の[[哲学者]]、[[明星大学]]人文学部教授。
== 経歴 ==
[[東京都]]生まれ。[[1985年]]、[[上智大学]]文学部哲学科卒業。[[1994年]]、上智大学大学院哲学研究科博士課程満期修了。[[2003年]]、明星大学専任講師、[[2006年]]、助教授、[[2007年]]、准教授を経て、[[2013年]]より教授。[[マルティン・ハイデッガー|ハイデッガー]]、[[フリードリヒ・ニーチェ|ニーチェ]]、[[ヴィルヘルム・フォン・フンボルト|フンボルト]]などを専門とし、[[人文科学]]に造詣が深い。上智大学名誉教授[[クラウス・リーゼンフーバー]]に師事し、その執筆するドイツ語論文・著作の翻訳をしている。
 
== 単著 ==
*『ニーチェ 仮象の文献学』知泉書館 2014
*『解体と遡行 ハイデガーと形而上学の歴史』知泉書館 2014
*『人文学の可能性 言語・歴史・形象』知泉書館 2016
 
== 共著 ==
*哲学史研究会編『西洋哲学史再構築試論』昭和堂 2007
*ハイデッガー研究会編『ハイデッガーと思索の将来』理想社 2007
*秋富・安部・古荘・森編『ハイデガー読本』法政大学出版局 2014
*細川・齋藤・池田編『始まりのハイデガー』晃洋書房 2015
 
== 翻訳 ==
6

回編集