「斎藤利安」の版間の差分

m
参考文献の整理
(記事名変更に伴い、諸々改訂)
m (参考文献の整理)
| 特記事項 =
}}
'''斎藤 利安'''(さいとう としやす、? - [[永正]]5年([[1508年]])<ref name=rokkaku>『六角遠征以降の前斎藤氏について―「宝徳系図と美濃斉藤氏」補遺―』 [[尾関章]] [[岐阜史学]] 1995年</ref>)は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。父は[[斎藤利永]]<ref name=minosyo>『[[美濃国諸旧記]]』</ref><ref>『古代氏族系譜集成』斎藤系図では、利安は斎藤利藤の子かつ妙純、利安、利綱の兄弟とされるが、利藤は妙純の兄であり親子関係は誤伝であると考えられる。</ref>。通称は四郎左衛門<ref name=minosyo/>。子に[[斎藤利匡|利匡]]。後代の系図・軍記等では子に[[長井利隆|利隆]]<ref name=minosyo/>、[[斎藤利賢|利賢]]<ref name=saitou>『古代氏族系譜集成』斎藤系図</ref><ref>『美濃明細記』(斎藤系の項)</ref>、[[斎藤利直|利直]]<ref name=saitou/>、孫に[[斎藤利三]]。
 
== 生涯 ==
=== 系譜の混乱 ===
[[美濃斎藤氏|前斎藤氏]]の系譜に関しては上記のように長井長弘と同一人物とされるなど、後代の軍記・史書・系図等による混乱が見られる。
同時代の香語・下火語の分析によると、利安の戒名は敬仲元粛である。よって、息子は[[斎藤利匡|利匡]](桂岳宗昌)、孫は[[斎藤利賢|利賢]]となる。<ref>『六角遠征以降の前斎藤氏について―「宝徳系図と美濃斉藤氏」補遺―』 [[尾関章]] [[岐阜史学]] 1995年< name=rokkaku/ref>
 
== 参考文献・脚注 ==
34

回編集