「ベレニケ2世」の版間の差分

編集の要約なし
(bot: 解消済み仮リンクネメア競技祭を内部リンクに置き換える)
[[ファイル:BerenikeIIOnACoinOfPtolemyIII.jpg|thumb|ベレニケ2世(プトレマイオス3世時代の貨幣)]]
[[ファイル:Head Berenike II Glyptothek Munich.jpg|thumb|158px|right|ベレニケ2世]]
'''ベレニケ2世'''([[ギリシャ語|希]]:{{lang|el|'''Βερενίκη Β''''}}、[[ラテン文字]]表記:Berenice II、[[紀元前267年]]または[[紀元前266年|266年]] - [[紀元前221年]])は、[[古代エジプト]]、[[プトレマイオス朝]]の[[ファラオ]]・女王(在位:[[紀元前244年]] - [[紀元前221年]])。[[キュレネ]]王{{仮リンク|メガス (キュレネ王)|en|Magas of Cyrene|label=メガス}}(在位:[[紀元前276年]] - [[紀元前250年]])と[[セレウコス朝#歴代君主|シリア王]][[アンティオコス1世]]の娘{{仮リンク|アパメー2世|en|Apama II}}の娘。[[プトレマイオス3世|プトレマイオス3世エウエルゲテス]]の妻であり、プトレマイオス朝3代の支配者(共同統治者)。[[プトレマイオス4世|プトレマイオス4世フィロパトル]]、[[アルシノエ3世]]らの母。星座・'''[[かみのけ座]]'''の伝説で有名な女性である。
 
== 生涯 ==
[[紀元前250年]]または[[紀元前249年]]頃、[[マケドニア王国|マケドニア]]の王子{{仮リンク|デメトリオス (キュレネ王)|en|Demetrius the Fair|label=デメトリオス}}([[マケドニア王の一覧#アンティゴノス朝|マケドニア王]][[デメトリオス1世 (マケドニア王)|デメトリオス1世]]の末子)と結婚したが、すぐに父王メガスが没し、夫がキュレネ王となった。しかし、夫がキュレネに来てまもなくベレニケの母アパメー2世と愛人関係になったため、怒ったベレニケは夫を母の寝室で殺害した。彼女とデメトリオスとの間に子供はなかった。
 
その後、エジプトのプトレマイオス3世エウエルゲテスと再婚し、彼らの間には[[プトレマイオス4世|プトレマイオス4世フィロパトル]]、メガス ([[w:{{enlink|Magas of Egypt|en]])a=on}}、リュシマコス、アレクサンドロス、[[アルシノエ3世]]、ベレニケが生まれた。
 
ベレニケ2世は、[[紀元前245年]]から[[紀元前241年]]の[[ネメア祭|ネメア競技祭]] ([[ネメア]]で開催されていた古代ギリシアの4大競技祭の一つ)<ref>{{Cite web |url=http://japantopleague.jp/column/excellence/excellence_0071.html |title=コラム スポーツのエクセレンス 第71話 復興されたもう一つの古代競技祭 |publisher=一般社団法人 日本トップリーグ連携機構(JTL) |accessdate=2015-06-22}}</ref> や、時期は不明ではあるが[[古代オリンピック|オリュンピア祭]]に参加したと言われている。
 
== 伝説 ==
夫の{{仮リンク|[[シリア戦争 (プトレマイオス朝)|en|Syrian Wars|label=シリア遠征}}]](第三次シリア戦争)に際し、'''[[かみのけ座]]'''の逸話を残している。ベレニケ2世は、夫が無事に戻ったならば、美しく、かつ美しいゆえに有名であった自分の髪を女神[[アプロディテ]]に捧げると誓った。夫が戻ると、王妃は髪を切り、女神の神殿に供えた。
 
翌朝までに、髪の毛は消えていた。王と王妃は大変に怒り、神官たちは死刑を覚悟した。このとき、宮廷天文学者[[サモスのコノン|コノン]] (Conon) は、神は王妃の行いが大変に気に入り、かつ、髪が美しいので大変に喜び、空に上げて星座にした、と王と王妃に告げ、しし座の尾の部分を指し示した。王と王妃は満足し、その場所はこれ以後、'''ベレニケのかみのけ座''' (Coma Berenices コマ・ベレニケス) と呼ばれることになった。コノンのこのとっさの知恵により、神官たちの命は救われたという。
ヘスペリデスという街は彼女によって再発見され、彼女にちなみベレニケと改名された(現在の[[ベンガジ]])。[[1907年]]に発見された[[小惑星]] (653) [[ベレニケ (小惑星)|ベレニケ]] (Berenike) もまた、ベレニケ2世にちなんで命名されたものである。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 関連項目 ==
* [[シリア戦争]]<sup>(曖昧さ回避)</sup>
 
 
{{プトレマイオス朝ファラオ}}
{{DEFAULTSORT:へれにけ02}}
[[Category:プトレマイオス朝のファラオ]]
[[Category:女性君主ファラオ]]
[[Category:紀元前260年代生]]
[[Category:紀元前221年没]]
匿名利用者