メインメニューを開く

差分

* 一方のチームが競技場に9人のプレーヤーを位置させることができなくなるか、又はこれを拒否した場合。(同4・17)
 
試合を主管する組織が定める選手登録のルールに反した選手起用が原因となって没収試合が宣告されることがある。これは当該選手が試合に出場できないとのルールにより、公認野球規則4・15f項の「審判員の命令で試合から除かれたプレーヤーを、適宜な時間内に退場させなかった場合」に該当すると解釈しているためである。しかし、時には単純なメンバー登録の誤記が原因で放棄試合になった例もあり([[#日本大学野球]]の[[八戸工業大学]]対[[青森中央学院大学]]戦、[[東北工業大学]]対[[仙台大学]]戦など)、[[日本アマチュア野球規則委員会]]は、メンバー交換時に気付いた場合はその場で訂正を認めるなど、些細なミスでの放棄試合は避けるよう通達を出している<ref>{{PDFlink|[http://www.jaba.or.jp/gaiyou/gijiroku/houkoku/2007/bossyujiai_0113.pdf 没収試合の防止に向けて]}} - 日本アマチュア野球規則委員会([[麻生紘二]]委員長)、平成19年2月13日。</ref>。第93回[[全国高等学校野球選手権広島大会]]での[[広島新庄中学校・高等学校|広島新庄高]]対[[崇徳中学校・高等学校|崇徳高]]戦では崇徳高の投手交代の不手際により規則を厳格に適用すれば放棄試合だったが、広島県高野連は教育的な意味合いもあり、投手交代を認めず試合を再開した<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/07/27/kiji/K20110727001289380.html 広島大会準決勝で没収試合めぐり79分中断](スポニチ、2011年7月27日)</ref>。
 
=== 日本プロ野球 ===
13,560

回編集