「ゴシック体」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
'''ゴシック体'''(ゴシックたい、{{lang-en|''Gothic''}}、'''ゴチック体'''とも)とは、[[サンセリフ]]の[[書体]](主として漢字、かな)のこと。ただし、文字において'''ゴシック'''の原義は[[ローマン書体]]以外の文字のことであり、[[ブラックレター]]なども含まれる。
 
[[Image:Japanese gothic typeface comparison.png|thumb|right|300px|日本におけるコンピュータ用ゴシック体の比較。[[MS ゴシック]]・MS P ゴシック([[マイクロソフト]])、 [[Osaka (書体)|Osaka]] ([[アップル インコーポレイテ(企業)|アド|Appleプル]])、[[東風フォント|東風ゴシック]]、[[ヒラギノ]]角ゴシック・ヒラギノ丸ゴシック・([[SCREENホールディングス]])・小塚ゴシック ([[Adobeアドビシステムズ]])]]
[[Image:Antigue gothic.png|thumb|right|200px|アンチゴチの例。かな部分は「アンチック体」という書体を使用している]]
 
 
== 呼び方 ==
日本においては縦画と横画の太さが均等で起筆、終筆点に[[セリフ (文字)|かざり]]のない書体を指す。欧文書体における[[サンセリフ]]体に相当する。英語においてゴシック体(Gothic Script)(Gothic Script) と言うと通常は中世風の[[ブラックレター]]を指すので注意を要する。中国組版においては、同様の漢字書体を「'''黒体'''(ヘイティ)」と呼んでいる。
 
(日本の)ゴシック体は、「ゴジック」「ゴチック」とも呼ばれ、[[DTP]]初期には「呉竹体」とも表記されていた。[[印刷]]業界においては「ゴチ」あるいは「ゴ」と略される。[[組版]]指定や修正指示においては、朱筆によって『ゴ』あるい『ゴチ』とだけ記入すれば、当該箇所をゴシック体にする、という意味になる。会話においては「ゴ」のみでは分かりづらいためか、「ゴチ」という表現が用いられることのほうが多い。まれに「ゴシ」と略されることもある。
10,846

回編集