「リロイ・ディクソン」の版間の差分

編集の要約なし
| highestranking = Yes
| オリンピック =
| 世界選手権 = '''4x100mR''' 優勝 ([[2007年世界陸上競技選手権大会|2007年]])
| 地域大会 =
| 国内大会 = '''[[全米陸上競技選手権大会|全米選手権]]'''<br />'''100m''' 6位 (2007年 - 2010年)
{{MedalCountry | {{USA}} }}
{{MedalCompetition|[[世界陸上競技選手権大会|世界選手権]]}}
{{MedalGold|[[2007年世界陸上競技選手権大会|2007 大阪]]|[[400メートルリレー走|4×100mR4x100mR]]}}
}}
'''リロイ・ディクソン'''('''Leroy Dixon'''、[[1983年]][[6月20日]] ‐ )は、[[アメリカ合衆国]]の男子[[陸上競技]]選手。専門は[[短距離走]]。[[100メートル競走|100m]]で10秒02、[[200メートル競走|200m]]で20秒44、室内[[60メートル競走|60m]]で6秒56の自己ベストを持つ。[[2007年世界陸上競技選手権大会|2007年大阪世界選手権]]男子[[400メートルリレー走|4×100mリレー]]金メダリストである。
 
== 経歴 ==
2007年6月、[[全米陸上競技選手権大会|全米選手権]]の男子100m予選を10秒07(+1.9)の自己ベスト(当時)で突破すると、準決勝も10秒24(-1.4)で突破して決勝に進出した。決勝では10秒25(-0.5)をマークして6位に入り、[[2007年世界陸上競技選手権大会|2007年大阪世界選手権]]の男子4×100mリレーアメリカ代表に選ばれた<ref>{{cite web|url=http://www.usatf.org/events/2007/USAOutdoorTFChampionships/results/fullResults_open.asp |title=2007年全米選手権フルリザルト |publisher=全米陸上競技連盟 |date= |accessdate=2016-02-28 }}</ref>。
 
2007年8-9月、大阪世界選手権の男子4×100mリレーに[[アンカー]]として出場すると、[[ロドニー・マーティン]]、[[ウォーレス・スピアモン]]、[[ダービス・パットン]]、ディクソンのオーダーで臨んだ予選は38秒10の全体2位で突破。ダービス・パットン、ウォーレス・スピアモン、[[タイソン・ゲイ]]、ディクソンのオーダーで臨んだ決勝では37秒78をマークしての金メダル獲得に貢献した<ref>{{cite web|url=http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-championships-in-athletics/2007/11th-iaaf-world-championships-in-athletics-3653/men/4x100-metres-relay/final/result |title=第11回世界選手権男子4×100mリレー決勝リザルト |publisher=[[国際陸上競技連盟]] |date= |accessdate=2016-02-28 }}</ref>。
 
2008年2月、全米室内選手権の男子60m決勝で自己ベストとなる6秒56をマークし、[[マイク・ロジャース]](6秒54)に次ぐ2位に入った<ref>{{cite web|url=http://www.usatf.org/events/2008/USAIndoorTFChampionships/results/fullResults.asp |title=2008年全米室内選手権フルリザルト |publisher=全米陸上競技連盟 |date= |accessdate=2016-02-28 }}</ref>。
 
2008年3月、世界大会の個人種目初出場となった[[2008年世界室内陸上競技選手権大会|バレンシア世界室内選手権]]の男子60mは、準決勝で6秒75の組7着に終わった<ref>{{cite web|url=http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-indoor-championships/2008/12th-iaaf-world-indoor-championships-3656/men/60-metres/semi-final/result |title=第12回世界室内選手権男子60m準決勝リザルト |publisher=[[国際陸上競技連盟]] |date= |accessdate=2016-02-28 }}</ref>。
 
2008年6月、全米選手権(兼[[北京オリンピックにおける陸上競技|北京オリンピック]]アメリカ代表選考会)の男子100m準決勝を自己ベストとなる10秒02(+1.6)で突破すると、決勝では[[追い風参考記録]]ながら[[10秒の壁]]を突破する9秒99(+4.1)をマークして6位に入った<ref>{{cite web|url=http://www.usatf.org/events/2008/OlympicTrials-TF/results/fullResults.asp |title=2008年全米選手権フルリザルト |publisher=全米陸上競技連盟 |date= |accessdate=2016-02-28 }}</ref>。この結果、北京オリンピックの男子4×100mリレーアメリカ代表に選ばれるも<ref>{{cite web|url=http://www.teamusa.org/USA-Track-and-Field/Features/2008/July/14/Beijing-2008-Olympic-Team-Roster-for-Track-and-Field-named |title=Beijing 2008 Olympic Team Roster for Track and Field named |publisher=[[アメリカオリンピック委員会]] |date=2008-07-14 |accessdate=2016-02-28 }}</ref>、補欠として大会では出番なしに終わった。
 
== 自己ベスト ==
| 2007
| [[2007年世界陸上競技選手権大会|世界選手権]]
| {{Flagicon|JPN}} [[大阪市|大阪]]
| 4x100mR
| style="background-color: gold; text-align: center;" | 優勝
| 2008
| [[2008年世界室内陸上競技選手権大会|世界室内選手権]]
| {{Flagicon|ESP}} [[バレンシア (スペイン)|バレンシア]]
| 60m
| style="text-align: center;" | 準決勝
*{{iaaf name|205320}}
*[http://www.usatf.org/athletes/bios/TrackAndFieldArchive/2009/Dixon_LeRoy.asp リロイ・ディクソン] - 全米陸上競技連盟のプロフィール{{en icon}}
*{{Twitter|LeroyDixonJr}}
*{{Facebook|rodneyandleroy}}
 
{{Athletics-bio-stub}}
[[Category:アメリカ合衆国の短距離走の選手]]
[[Category:アフリカ系アメリカ人の陸上競技選手]]
[[Category:オリンピック陸上競技アメリカ合衆国代表選手]]
[[Category:世界陸上選手権アメリカ合衆国代表選手]]
[[Category:世界陸上選手権メダリスト]]
7,204

回編集