「ヘクトパスカル」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
しかし、バール・ミリバールは[[国際単位系]](SI)ではない。そのため、[[国際単位系]] (SI) への統一を切っ掛けとして、ミリバールと全く同じ大きさの圧力の単位である[[ヘクトパスカル]]が代わりに使用されるようになった。日本での切り替えは[[1992年]][[12月1日]]からである。
 
== ヘクトの位置づけ ==
[[国際単位系]] (SI) では、10<sup>3</sup>毎の[[冪乗]](べきじょう)である[[SI接頭辞|接頭辞]]を使用することが通例である。10<sup>3</sup>の[[冪乗]](べきじょう)ではない[[ヘクト]]も[[SI接頭辞]]として定められてはいるものの、ヘクトパスカル (hPa) 以外で広汎に使われているヘクト使用の単位としては[[ヘクタール]] (ha) (= 10<sup>4</sup> m<sup>2</sup>) ぐらいしか存在していない。
 
しかし、[[ヘクタール]] (ha) のほうは、Pa・hPaとは違って[[SI組立単位]]ではなく、使用が許容されているだけの単位([[SI併用単位|SI単位と併用される非 SI単位]])という位置づけである。したがって、このヘクトパスカルが実質的には、[[国際単位系]]([[SI組立単位]])に適合し、かつ[[ヘクト]]を使用する唯一の単位といえる。
 
== 符号位置 ==
762

回編集