「ヘクトパスカル」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
歴史的には、[[標準大気圧]] の1[[気圧]] (1 atm) と1[[バール (単位)|バール]] (1 bar)とが圧力の大きさとして極めて近似しているため、バールの1/1000の単位であるミリバール (mbar) が[[気圧]]を表すのに都合のよい単位として広く使用されていた。
 
しかし、バール・ミリバールは[[国際単位系]](SI)ではない。そのため、[[国際単位系]] (SI) への統一を切っ掛けとして、ミリバールと全く同じ大きさの圧力の単位である[[ヘクトパスカル]]が代わりに使用されるようになった。日本での切り替えは[[1992年]][[12月1日]]からである。
 
== 符号位置 ==
762

回編集