「カール=アンソニー・タウンズ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
| scout ref title = 2014 Kentucky Basketball Commits
| espn ref title = ESPN
| rivals school = 69kentucky
| scout s = 48
| espn schoolid = 96
| bball = yes
}}[[File:20140402 MCDAAG Karl Towns dunk (4).JPG|thumb|right|upright|2014年 [[マクダナルズ・オール・アメリカン]]ゲーム]]
 
===カレッジ===
ケンタッキー大学では、各プレーヤーの出場時間に制限を設ける独自のシステム「プラトーン・システム」を採用しており、その制限された出場時間の1試合平均21.1分の中で、10.3 得点、6.7 リバウンドの成績を残した<ref>[http://www.sports-reference.com/cbb/players/karl-anthony-towns-1.html Karl-Anthony Towns Sports-Reference], ''Sports-Reference'', June 26, 2015</ref>。[[2015年のNBAドラフト]]では、上位指名されることが予測された通りに<ref name=AKilgore>{{cite news|last1=Kilgore|first1=Adam|title=Drowning in stars, Kentucky Wildcats thriving with platoon system|url=http://www.washingtonpost.com/news/sports/wp/2014/12/16/drowning-in-stars-kentucky-wildcats-thriving-with-platoon-system/|accessdate=January 7, 2015|publisher=Washington Post|date=December 16, 2014}}</ref>、[[アーリーエントリー]]し、[[ミネソタ・ティンバーウルブズ]]によって全体1位指名された<ref>{{cite web|url=http://www.cbsnews.com/news/kentuckys-karl-anthony-towns-goes-no-1-in-nba-draft/ |title=Kentucky's Karl-Anthony Towns goes No. 1 in NBA draft |publisher=CBS.com |date=2015-06-25 |accessdate=2015-06-26 }}</ref>。